サクシニルコリンと術後肺合併症:2 つの病院ネットワークからのレジストリデータを使用した後ろ向き的コホート研究

・非脱分極性筋弛緩薬(NMBA)は、術後残存筋弛緩のリスクを伴い、術後肺合併症(POPC)に関連している。脱分極性 NMBA サクシニルコリンは、作用持続時間が短いため、術後残存筋弛緩が少なくなり、POPC が少なくなる可能性がある。著者らは、麻酔中のサクシニルコリン投与と POPC との間の関連性を検証した。 ・米国の 2 つの…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/15

【問題1】(術前管理) ファモチジンについて正しいのはどれか。 ア:胃液量を減少させる。 イ:胃液pHを上昇させる。 ウ:アトロピンと併用しても効力は変わらない。 エ:導入時の静注は既に存在する胃液pHを上昇させる。 オ:ED50はシメチジンのおよそ1/5である。     ▼     ▼     …
コメント:0

続きを読むread more