C 反応性タンパク質とアルブミンの比率は、股関節骨折による骨頭置換術を受けた高齢者の死亡率を予測する可能性がある

・術前の C 反応性タンパク質(CRP)とアルブミン値の股関節骨折による手術を受けた高齢患者の死亡率との関係は以前に調査されているが、CRP とアルブミンの比率(CAR)は調査されていない。本研究は、術前の CAR と死亡率との関係を調査することを目的とした。 ・合計 254 人の患者(平均年齢 78.74 歳)を、次のデータを使…
コメント:0

続きを読むread more