40 年間の神経筋モニタリングと術後残存筋弛緩:メタ分析とネットワークメタ分析における信頼性の評価

・報告されている術後残存筋弛緩(PORC)の発生率は依然として容認できないほど高い。PORC の発生率を低下させる術中筋弛緩モニタリング(NMM)の能力は、プールされた臨床研究からまだ確立されていない。この関係を再分析するために、1979 年から 2019 年までのデータのメタ分析を実施した。 ・1979 年から 2019 年まで…
コメント:0

続きを読むread more