全身麻酔を受ける小児の誤嚥に対する清澄水絶飲の影響:ドイツの前向き多施設観察(NiKs)研究の結果

・3324 人の小児を含む実際の絶飲時間についての予備的全国集計では、清澄液と軽食の空腹時間が現在のガイドラインで推奨されているよりも短いことが多いが、サブ群分析には被験者数が少なすぎることが示された。そこで、より多くの参加施設とより大きな被験者数による本拡大研究の主な目的は、清澄液または軽食の空腹時間の短縮が、小児の全身麻酔時の逆流や…
コメント:2

続きを読むread more