良性適応症に対する子宮摘出術後の術後イレウスの発生率と危険因子

・腹部手術後の術後イレウス(POI)は、長期の入院と医療費の増加に関連している。本研究の目的は、良性適応症のために子宮摘出術を受ける患者の POI の発生率、危険因子、および関連する転帰を調査することである。 ・2012 年から 2017 年までの期間に 1 施設で良性子宮全摘術を受けた 1017 人の連続患者の後ろ向きレビューが…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/07/29

【問題1】(血液凝固) 血液凝固について正しいのはどれか。 ア:体外循環では、凝固因子の V 、 VIII およびフィブリノーゲンが欠乏しやすい。 イ:体外循環中、活性化凝固時間の短縮がアンチトロンビン III 減少によると考えられたときは、ヘパリンを増量する。 ウ:過量のプロタミンによる凝固時間の延長と、残存ヘパリンによ…
コメント:0

続きを読むread more