開腹腹部大動脈瘤修復術の施設的記憶の低下

・血管内大動脈瘤修復(EVAR)は導入以来、腹部大動脈瘤の治療の主力となっており、開腹動脈瘤修復術は衰退している。本研究の目的は、開腹動脈瘤修復術の頻度減少が周術期の効率の低下と術後合併症の増加につながったかどうかを調査することである。 ・後ろ向きコホート研究で、オタワ病院(TOH)で、2014-2017 年にに実施された連続 4…
コメント:0

続きを読むread more