腰椎椎弓切除術の創部散布におけるブピバカイン単独およびデキスメデトミジン併用の術後鎮痛効果:無作為化対照試験

椎弓切除術.png・デキスメデトミジンは、末梢神経ブロックと切開部位の局所麻酔薬の効果的な補助薬として使用されている。著者らは、腰椎椎弓切除術中の総部散布において、ブピバカイン単独とデキスメデトミジン添加ブピバカインの術後鎮痛効果を比較した。

・これは前向き二重盲式無作為化対照試験であった。全身麻酔下で待機的腰椎椎弓切除術が予定されている ASA PS I-II の 60 人の成人を無作為に 2 群に割り当てた。B 群(対照群)の患者は、手術の終わりに 0.25% ブピバカイン 20 mL を含む創部散布を受け、D 群の患者は、0.25% ブピバカイン 20 mL で希釈した デキスメデトミジン 2μg./kg を切開部位に散布した。NRS がいずれかの時点で「4」を超えた場合は、ジクロフェナク 75 mg の深部筋注によるレスキュー鎮痛を実施した。術後疼痛スコア、鎮痛持続時間、術後 24 時間に必要としたレスキュー鎮痛剤の総量、副作用を群間で比較した。

・人口統計データは両群で同等であった。鎮痛持続時間(D 群で 19.93±3.2 vs B 群で 12.13±1.8)は D 群の方が有意に長く、鎮痛剤の要求回数は B 群と比較して D 群の方が少なく、必要としたレスキュー鎮痛剤総量(62.51±39.13 vs 95.68±33.5)は、B 群と比較して D 群の方が有意に少なかった。

・著者らは、デキスメデトミジン 2μg./kg は、腰椎椎弓切除術後の術後鎮痛の質と持続時間の点で、ブピバカインの創部散布に有効な補助薬であると結論付けている。

デキスデトミジンは、局所投与でも有効なんだな〜。お手軽でいいかも。

【出典】
Postoperative Analgesic Effect of Bupivacaine alone and with Dexmedetomidine in Wound Instillation for Lumbar Laminectomy: A Randomized Control Trial
Anesth Essays Res . Jan-Mar 2020;14(1):149-153. doi: 10.4103/aer.AER_3_20. Epub 2020 Mar 16.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント