腹腔鏡肥満症手術における腹腔内ブピバカインへのヒドロコルチゾンの追加の効果

・肥満症手術は肥満の効果的な管理である。ただし、術後疼痛は大きな合併症に関連付けられている。疼痛管理は、患者の回復を高めるために重要である。腹腔鏡手術中に、腹腔鏡検査の開始前または創部閉鎖前に、作成されたポートすべてから腹膜に局所麻酔薬を注入して、術後疼痛を軽減できる。著者らの目的は、腹腔鏡肥満症手術における術後疼痛緩和の方法として、腹…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/08/31

【問題1】(心臓・血管) 心臓弁膜症について正しいのはどれか? ア:圧容量曲線上の左下のA点では、大動脈弁が開放する。 イ:大動脈弁閉鎖不全では、体血管抵抗の増加は逆流量を増大させる。 ウ:大動脈弁狭窄症で、低血圧を伴う不整脈は緊急除細動の適応である。 エ:僧帽弁狭窄症では、左室への負荷はないので収縮能は保たれている。 …
コメント:0

続きを読むread more

腰椎椎弓切除術の創部散布におけるブピバカイン単独およびデキスメデトミジン併用の術後鎮痛効果:無作為化対照試験

・デキスメデトミジンは、末梢神経ブロックと切開部位の局所麻酔薬の効果的な補助薬として使用されている。著者らは、腰椎椎弓切除術中の総部散布において、ブピバカイン単独とデキスメデトミジン添加ブピバカインの術後鎮痛効果を比較した。 ・これは前向き二重盲式無作為化対照試験であった。全身麻酔下で待機的腰椎椎弓切除術が予定されている ASA …
コメント:0

続きを読むread more

初心者による正常および頸椎固定マネキンにおける McGRATH 、ペンタックス、マッキントッシュ喉頭鏡の比較:無作…

・本研究の目的は、初心者が McGrath ビデオ喉頭鏡(VL)、Pentax エアウェイスコープ(AWS)、マッキントッシュ喉頭鏡を正常および頸部固定マネキンモデルで使用して、挿管所要時間、声門視野、難易度、歯牙クリック音に関する気管挿管成績を比較することであった。 ・挿管経験のない 35 人の麻酔看護師を募集した。参加者は、3…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下の人工膝関節全置換術後のデキサメタゾン添加関節周囲麻酔薬浸潤と術後悪心嘔吐との関係:後ろ向き観察研究

・コルチコステロイドを用いた関節周囲麻酔浸潤(PAI)は、人工膝関節全置換術(TKA)後の疼痛管理の 1 手段である。全身性コルチコステロイドは、術後悪心嘔吐(PONV)の予防のための確立された制吐剤である。この後ろ向き的観察研究の目的は、TKA を受けた患者で、PAI に追加されたデキサメタゾンと PONV との関係を明らかにすること…
コメント:0

続きを読むread more

坐位と腹臥位のマネキンでの気管挿管に際しての、標準的なマッキントッシュブレード喉頭鏡、Pentax-AWS ビデオ…

・患者のさまざまな体位での挿管は、緊急時だけでなく、通常の麻酔(例:腰椎手術の腹臥位)でも行われる。 ・本研究の目的は、坐位と腹臥位に置かれたマネキンのシミュレーションシナリオで、 クラシックなマッキントッシュブレード喉頭鏡を 2 つのビデオ喉頭鏡(Pentax-AWS と Intubrite)と比較することであった。さらに、対照…
コメント:0

続きを読むread more

骨盤臓器脱手術を受けた高齢女性における術後認知機能障害の発生率

・記憶、集中力、情報処理の一時的な障害である術後認知機能障害(POCD)は、罹患率と死亡率の増加を伴う非心臓手術後の 7〜26% に報告されている。著者らの主な目的は、年齢 60 歳以上の女性の臓器脱出手術の 2 週間後の POCD の発生率を調査することであった。著者らの副次目的は、POCD の危険因子を特定することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開における脊髄硬膜外併用麻酔 vs 脊椎麻酔:メタ分析と試験逐次分析

・帝王切開では、脊椎硬膜外併用麻酔と単回脊椎麻酔の両方が使用される。個々の試験では、脊髄硬膜外併用麻酔は、知覚ブロックの広がりと心血行動態安定性の向上に関連していると主張されている。著者らは利用可能な全てのエビデンスを収集しようと試みた。 ・著者らは、系統的文献検索を行って、帝王切開に際して、脊椎硬膜外併用麻酔と脊椎麻酔を比較した…
コメント:0

続きを読むread more

腹部筋腫核出術中の出血量の減少に及ぼすオキシトシン注入の効果:無作為化比較試験

・研究の目的は、腹部筋腫核出術を受ける患者の平均出血量に関して、オキシトシン注入の有効性を評価することであった。 ・単盲式無作為化対照試験は、2017 年 7 月 15 日から 2018 年 1 月 15 日まで、パキスタンのラワルピンディにある産婦人科軍事病院で実施され、ASA-I/II の待機的腹部筋腫核出術予定の患者を対象と…
コメント:0

続きを読むread more

待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術後の術後疼痛、悪心嘔吐の性差

・諸報告では、疼痛や術後嘔気嘔吐(PONV)は女性に多く見られる可能性があると示唆されているが、そのエビデンスは一貫していない。本研究の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)後の女性の疼痛と PONV に対する感受性が高いかどうかを調査することであった。 ・合計 370 人の女性と 275 人の男性が後ろ向きコホート研究に含まれた。全…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受ける年齢 80 歳以上の冠動脈疾患患者における周術期心臓合併症:発生率と危険因子

・冠動脈疾患(CAD)のある年齢 80 歳以上の患者を対象に、ますます多くの非心臓手術が行われている。本研究の目的は、非心臓手術を受けるが、以前に評価されていない CAD のある最高齢患者の周術期心合併症(PCC)の発生率と危険因子を調査することであった。 ・CAD の病歴があり、非心臓手術を受けた年齢 80 歳以上の合計 547…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後のデキスメデトミジン鎮静の用量比較:妊婦 vs 非妊婦-無作為化試験

・本研究は、帝王切開(CS)を受けた分娩患者と待機的婦人科手術を受けた非妊娠女性における鎮静用のデキスメデトミジンの有効量を調査および比較するために計画された。 ・本研究は、年齢 25 歳から 35 歳までの 60 人の女性を対象とし、2 群に分けられた。妊婦群は、胎児と胎盤の娩出後、15 分かけてボーラス投与のデキスメデトミジン…
コメント:2

続きを読むread more

脳動脈瘤クリッピング術を受ける動脈瘤性くも膜下出血患者の遅延性脳虚血および神経学的転帰に及ぼす術前期麻酔剤曝露の影…

・遅発性脳虚血は、動脈瘤性くも膜下出血(aSAH)の合併症の主な原因の 1つである。術前の全身麻酔(GA)には、プレコンディショニング効果がある場合がある。主な目的は、aSAH を呈する患者の神経学的転帰に及ぼすデジタルサブトラクション血管造影法(DSA)中の GA への術前曝露の影響を評価することであった。 ・倫理委員会の承認後…
コメント:0

続きを読むread more

喉頭手術を受ける成人の人工呼吸と比較した経鼻加湿急速送気換気交換(THRIVE)を使用した無呼吸酸素化における肺容…

・無呼吸中に高流量の 100% 酸素を使用した経鼻加湿急速送気換気交換(THRIVE)は、従来の無呼吸酸素化と比較して二酸化炭素の上昇が遅いため、困難気道管理や喉頭手術中に使用が増加している。著者らは以前に THRIVE 中には、高い動脈酸素分圧と動脈血-肺胞二酸化炭素差が次第に増加することを実証した。本研究の主な目的は、THRIVE …
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受ける輸血患者における退院時ヘモグロビン値と退院後の臨床転帰

・赤血球(RBC)輸血は手術患者でよく見られるが、輸血の最適目標は周術期に完全には明らかにされていない。退院時ヘモグロビン濃度は、輸血診療、貧血管理、患者転帰に対する洞察を提供する可能性がある。 ・これは、2010 年から 2014 年までの非心臓手術中に RBC 輸血を受けた成人の観察コホート研究である。多変量回帰を使用して、退…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔における局所麻酔薬の補助薬としてのデキスメデトミジンと硫酸マグネシウムの比較:無作為化比較試験のメタ分析

・研究の目的は、脊椎麻酔における局所麻酔薬の補助薬としてのデキスメデトミジンと硫酸マグネシウムの有効性を比較することであった。 ・PubMed、Medline、Embase、Cochrane Library、Google Scholar の検索を実行した。脊椎麻酔において局所麻酔補助薬としてデキスメデトミジンと硫酸マグネシウムの有…
コメント:0

続きを読むread more

術中乏尿は大きな腹部手術における術後急性腎障害を予測しない:コホート分析

・急性腎障害(AKI)は、大きな腹部手術を受ける患者によく見られる合併症であり、かなりの罹患率と死亡率に関連している。術中の尿量と術??後 AKI との関連を調査したいくつかの研究は、相反する結果を示している。ここでは、待機的な大きな腹部手術を受けた患者のコホートにおいて、術中乏尿と術後 AKI の関連を調査した。 ・これは、20…
コメント:0

続きを読むread more

自発呼吸維持を伴うラリンジアルマスクエアウェイを使用した全身麻酔下の斜視手術中の眼心反射および眼呼吸反射:後ろ向き…

・研究の目的は、自発呼吸を維持したラリンジアルマスクエアウェイを用いた斜視手術を受ける患者で、(1)手術治療を受ける特定の筋肉が、眼心反射(OCR)と眼呼吸反射(ORR)の発生にどのように影響するか、そして (2)麻酔深度が患者の OCR と ORR の発生に影響するかどうかを調査することであった。 ・2017 年 1 月から 2…
コメント:0

続きを読むread more

術中麻酔薬必要量、術後睡眠の質、痛みに及ぼす全身麻酔下での朝と夜の手術の比較:無作為化比較試験

・術後睡眠障害は、術後転帰に重度の悪影響を与える可能性がある。本研究の目的は、全身麻酔下での手術のタイミングが、術中麻酔薬必要量、術後の睡眠の質、患者の痛みに及ぼす影響を比較することであった。 ・全身麻酔下で待機的腹腔鏡下腹部手術を受けた 84 人の患者は、午前群(8:00〜12:00)か、または夜間群(18:00?22:00)に…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の死亡率と独立して関連する出血(BIMS):診断基準と予後的意義を確立する国際的な前向きコホート研究

・著者らは、非心臓手術後 30 日以内の死亡と独立して関連する、術中あるいは術後 30 日以内の出血と定義される、非心臓手術後の死亡独立関連出血(BIMS)に対する診断基準を確立し、BIMS に起因する可能性がある 30 日術後脂肪の割合を推定することを目的とした。 ・これは、2007 年から 2011 年までに 8 か国の大学関…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/08/13

【問題1】(心疾患患者への注意) 大動脈弁狭窄症について正しい記述はどれか。 ア:大動脈弁狭窄症ではしばしば二尖弁がみられる。 イ:心不全が起きた場合の平均寿命は2年である。 ウ:冠動脈狭窄がなくても狭心症の起こることがある。 エ:心房収縮が心拍出量の30−40%に寄与する。     ▼     ▼  …
コメント:0

続きを読むread more

米国とオランダにおける脊柱管麻酔後の血腫、膿瘍、髄膜炎:クローズドクレーム分析

・脊柱管麻酔後の重篤な合併症はまれであるが、悲惨な可能性がある。著者らは、脊柱管麻酔後の血腫、膿瘍、髄膜炎の特徴と予防可能な原因を特定することを目的とした。 ・観察研究、クローズドクレーム分析として、2007 年から 2017 年まで、米国とオランダからの法的決着済みの麻酔過誤訴訟が調査された。患者は 2007 年から 2017 …
コメント:0

続きを読むread more

術中の MgSO4 注入は、全身麻酔中の COPD 患者の酸素化と肺メカニクスを保護する:無作為化臨床試験

・本研究の目的は、全身麻酔(GA)下で喉頭癌手術を受けた中等度の COPD 患者の動脈血酸素化と肺メカニクスに及ぼす術中 MgSO4 注入の効果を調査することであった。著者らの主要評価項目は、PaO2 と PaO2/FiO2 によって決定される動脈血酸素化であった。副次評価項目は、肺メカニクス(最高気道圧、気道プラトー圧、死腔、肺コンプ…
コメント:0

続きを読むread more

BIS モニタリングを使用しても、小児の揮発性麻酔薬への術中使用量は変わらない

・乳幼児や小児をセボフルランなどの揮発性麻酔薬に曝すことは、長期的な神経認知作用の潜在的なリスクに関して懸念されるトピックである。本研究の主な目的は、バイスペクトルインデックス(BIS)モニタリングの周術期の利用がセボフルラン使用と小児への曝露を変えるかどうかを判断することであった。 ・これは、2 群の健康な外来手術患者(年齢 2…
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助腹腔鏡根治的前立腺摘除術中の呼吸器系コンプライアンスおよび術野条件に及ぼす高度および中程度の筋弛緩の効…

・ロボット補助下根治的前立腺全摘除術(RARP)には、気腹(Pnp)と手術中の呼吸器系コンプライアンス(Crs)を乱す可能性のある急峻な頭低位が必要である。著者らの目的は、RARP 中に同じ Pnp 圧で Crs に及ぼすさまざまな程度の筋弛緩(NMB)の効果を比較することであった。 ・RARP を受けた 100 人の患者が登録さ…
コメント:0

続きを読むread more

長時間腫瘍手術後の術後回復に及ぼすデスフルランおよびセボフルラン麻酔の効果

・研究の目的は、長時間にわたる腫瘍手術後の術後回復に及ぼすデスフルランおよびセボフルラン麻酔の効果を分析することであった。 ・2019 年 11 月から 2020 年 3 月に河南癌病院で内視鏡的根治的食道切除術および胃切除術(各術式 80 例)を受けた 160 人の患者は、無作為に 4 群(n=40)に分類された:CS 群(食道…
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中の心不全女性の麻酔管理-後ろ向きコホート研究

<ハイライト> ・妊娠中の心不全は 776 分娩に 1 例で記録された。 ・心不全の症例の半分は産後すぐに見られた。 ・子癇前症は症例の 3 分の 1 を占めていた。 ・これら症例には、区域麻酔は分娩や帝王切開分娩に対して安全であるようだった。 ・心不全の症例の半分は集中治療を必要とした。 <要約> ・既存の心疾患のあ…
コメント:0

続きを読むread more

手術中の高流量経鼻酸素の有効性:系統的レビューとメタ分析

・高流量経鼻酸素(HFNO)は、低酸素血症と呼吸不全の管理のために集中治療室でますます使用されている。ただし、術中の低酸素血症を防ぐための HFNO の有効性は不明である。この系統的レビューの目的は、手術患者の手術期間中に、HFNO と従来の酸素化方との間で患者の酸素化と呼気終末二酸化炭素濃度(EtCO2)を比較することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

2009〜2018 年における韓国麻酔学会に持ち込まれ高齢患者と若年患者の麻酔に関する法的訴訟の比較分析

・手術や麻酔を受ける患者の平均年齢は増加しているが、異なる年齢群間での麻酔関連の傷害における差は報告されていない。本研究は、韓国麻酔学会(KSA)に問い合わせのあった麻酔関連の傷害に関する紛争に基づいて、高齢患者と若年患者を比較した。 ・2009 年から 2018 年までに KSA に照会された麻酔関連の傷害に関する紛争を後ろ向き…
コメント:0

続きを読むread more

デスフルランとセボフルランの使用に関連する術後呼吸器合併症の比較:単施設コホート研究

・セボフルランとデスフルランは、麻酔の維持に最も一般的に使用される揮発性麻酔薬である。本研究では、揮発性麻酔薬の選択と術後早期の呼吸器合併症との関係を評価し、これら 2 種類の一般的に使用される薬剤間の安全性転帰における重要な知識のギャップに対処することを目的とした。 ・2005 年から 2018 年までに施設で全身麻酔の維持にセ…
コメント:0

続きを読むread more

前投薬のない小児患者におけるセボフルランによる麻酔導入後の静脈内アクセスのための最適時間の調査

・麻酔導入は通常、血管アクセスのない小児患者では、セボフルランで達成される。本研究の目的は、セボフルラン導入後の小児患者において、最適な静脈路確保時間を調査し、対応するバイスペクトルインデックス(BIS)値を評価することであった。 ・本前向き研究には、2017 年 1 月 1 日から 2018 年 1 月 1 日までにイスタンブー…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/08/03

■ これって常識? ■胸部絞扼感,心電図上 ST上昇のある患者をみたら,すぐに循環器専門医に相談せよ! 1)救急室で胸痛の患者に出会ったとき,心筋梗塞かどうかを決めるポイントは,○1症状の性状,○2心電図のST上昇の2点である.2)胸部絞扼感があり ST上昇が明らかならば,再灌流療法の適応であり,心筋逸脱酵素の結果を待っていて…
コメント:0

続きを読むread more

ロボット補助根治的前立腺摘除術の麻酔管理。単施設経験

・本研究の目的は、最新の文献データに照らして、ロボット補助下根治的前立腺全摘除術(RARP)を受ける患者の麻酔管理の経験を提示することであった。 ・この臨床的後ろ向き研究には、ロボット補助前立腺全摘除術を受けた 103 人の患者が含まれた。全患者データは、患者ファイルと麻酔経過追跡フォームから取得された。人口統計データ、術中の輸液…
コメント:2

続きを読むread more

帝王切開を受ける高リスク患者における予防的トラネキサム酸:無作為化対照試験の系統的レビューとメタ分析

・高リスク産科患者におけるトラネキサム酸(TXA)の使用に関するエビデンスはほとんどない。このレビューの目的は、産後出血のハイリスク患者における予防的 TXA の有効性を評価することであった。レビューは、PRISMA 宣言にしたがって実施された。 ・産後出血を軽減する上でのプラセボと比較した TXA の効果を調査した研究のみが含ま…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の死亡率と独立して関連する出血(BIMS)の術前予測:国際的な前向きコホート研究

・非心臓手術後の死亡率と独立して関連する出血(BIMS)の診断基準は、術後ヘモグロビン<70 g/L につながる出血、または輸血につながる出血、または直接の死因と定義されている。 BIMS の術前予測ガイドは、説明と同意と周術期ケアの計画に役立つ。 ・2007 年から 2011 年までに 8 か国の 12 の大学関連病院で入院非心…
コメント:0

続きを読むread more