麻酔およびてんかん発作誘発性の無意識状態の比較

意識.png全身麻酔とある種のてんかん発作を理解するには、無意識の神経生物学の基本的な理解が必要である。この記事では、全身麻酔とてんかん発作誘発性の意識喪失時のニューロンとネットワークの変化の類似点について明らかにする。てんかん発作と麻酔薬の両方が類似の解剖学的構造に混乱を引き起こし、おそらく意識障害につながる。行動とメカニズムの差にもかかわらず、これらの条件は両方とも、前頭頭頂皮質のニューロン活動を仲介する皮質下構造の機能の途絶に関連している。これらの領域はすべて、通常の意識の維持に関与している可能性がある。ある種のてんかん発作と全身麻酔による脳ネットワークの混乱の類似性の評価は、これらの特定の無意識の状態で見られる意識の変化のメカニズムに新たな洞察を提供し、てんかん発作の革新的な治療と特定のネットワークをターゲットとする麻酔アプローチの開発を可能にするかもしれない。

てんかんによる意識障害と全身麻酔薬による意識喪失とには、共通のメカニズムが想定される。

【出典】
Comparison of anaesthetic- and seizure-induced states of unconsciousness
Br J Anaesth . 2020 Sep 17;S0007-0912(20)30679-6. doi: 10.1016/j.bja.2020.07.056. Online ahead of print.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント