肝血流に対するプロポフォールとセボフルランの効果:無作為化比較試験

・周術期に適切な肝血流(HBF)供給を維持することは、術後の正常な肝機能を維持するために不可欠である。プロポフォールとセボフルランは動脈と門脈の HBF に影響を与える。これまでの研究では、主に門脈の HBF を増加させることにより、プロポフォールが総 HBF を増加させることを示唆しているが、セボフルランは総 HBF に最小限の影響し…
コメント:0

続きを読むread more

マイクロ波焼灼療法を受ける肝癌患者に対するプロポフォールと併用たフルルビプロフェンアキセチルの麻酔効果に関する無作…

・研究の目的は、マイクロ波焼灼療法を受ける肝癌患者に対するプロポフォールと併用したフルルビプロフェンアキセチルの麻酔効果を評価することであった。 ・2018 年 5 月から 2019 年 5 月までに当院で肝癌のマイクロ波焼灼を受けた 60 人の患者(ASA グレード:I-II)が選択され、無作為に研究群と対照群(n=30)に分け…
コメント:5

続きを読むread more

クモ膜下モルヒネで帝王切開分娩を受ける女性における術後悪心嘔吐のリスクスコア

・術後悪心嘔吐は、帝王切開分娩を受ける妊婦患者の最大 80% に影響を与えるが、産科特有のリスク予測モデルが欠如している。本研究は、帝王切開を受けた分娩後の悪心嘔吐の危険因子を特定し、産科固有の予測モデル(Duke スコア)を作成し、そのパフォーマンスを Apfel スコアと比較するために行った。 ・くも膜下モルヒネで帝王切開分娩…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/28

【問題1】(心疾患患者への注意) 周術期の心筋梗塞について正しい記述はどれか。 ア:心筋梗塞既往があると周術期に心筋梗塞を起こす率が高い。 イ:周術期の心筋梗塞の25%は症状を伴わない。 ウ:冠動脈バイパス手術を受けた患者が周術期に心筋梗塞を起こす率は正常人と同様である。 エ:周術期の再梗塞の死亡率は10%以下である。 …
コメント:0

続きを読むread more

小児挿管困難登録簿の小児における標準ブレードまたは非標準ブレードを使用したビデオ喉頭鏡検査の比較

・ビデオ喉頭鏡ブレードの設計は、その効果に影響を与える可能性がある。ビデオ喉頭鏡ブレードを標準および非標準の形状に分類して、小児挿管困難登録簿に登録されている小児の気管挿管の効果を比較した。 ・2017 年 3 月から 2020 年 1 月に登録簿に登録された症例を分析した。著者らは、最初と最後の気管挿管の成功率、合併症、技術的な…
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス移植術に及ぼす急性正常血液量希釈の影響:22 件の無作為化試験の系統的レビューとメタ分析

・心臓血管手術中の同種輸血を回避するための最小限の急性正常血液量希釈(ANH)の有効性は、議論の余地がある。術後の出血と輸血は、開心術後の罹患率とコストの原因のままである。冠動脈バイパス術(CABG)における急性正常血液量希釈(ANH)の役割をよりよく理解するために、無作為化比較試験(RCT)の標準的なペアワイズメタ分析を含めた系統的レ…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔およびてんかん発作誘発性の無意識状態の比較

全身麻酔とある種のてんかん発作を理解するには、無意識の神経生物学の基本的な理解が必要である。この記事では、全身麻酔とてんかん発作誘発性の意識喪失時のニューロンとネットワークの変化の類似点について明らかにする。てんかん発作と麻酔薬の両方が類似の解剖学的構造に混乱を引き起こし、おそらく意識障害につながる。行動とメカニズムの差にもかかわらず、…
コメント:0

続きを読むread more

骨治癒に及ぼす静脈内および局所トラネキサム酸が影響:ラット脛骨骨折モデルにおける実験的研究

・トラネキサム酸(TXA)は、抗線溶薬である。さまざまな手術で周術期出血に対する輸血必要性を減らすために長く使用されてきた。骨折治癒に対する TXA の局所および静脈内投与の影響を調査した研究はほとんどない。そこで、TXA がラットの脛骨骨折モデルで血腫のボリュームと骨折治癒に影響を与えるかどうかを評価することを目的とした。 ・髄…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/25

【問題1】(神経筋遮断) スキサメトニウムについて正しい記述はどれか。 ア:スキサメトニウムによるカリウム上昇は少量の非脱分極性筋弛緩薬による前処置により防ぐことができる。 イ:スキサメトニウムによる phase II ブロックはネオスチグミンにより必ず拮抗できる。 ウ:小児では、体重当たりのスキサメトニウムの必要量は少…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬は膀胱癌の再発に影響するか?ロボット補助根治的膀胱切除術を受けた患者における全静脈麻酔と揮発性麻酔の比較:単…

・根治的膀胱切除術は標準的な治療であり、筋肉浸潤性膀胱癌(MIBC)や高悪性度非 MIBC 患者の長期生存のための集学的アプローチの一部である。最近のデータは、麻酔法が癌関連の手術を受ける患者の長期生存と再発に影響を与える可能性があることを示唆している。 ・2014 年から 2020 年までの大学関連単施設でハイリスク非 MIBC…
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節再置換術における脊椎麻酔 vs 全身麻酔の転帰:傾向スコアを一致させたコホート分析

・脊椎麻酔は、以前に、人工膝関節全置換術において全身麻酔と比較して患者の転帰を改善することが示されている。本研究は、脊椎麻酔と全身麻酔との間で、人工股関節再置換術(THA)において、術中と術後の転帰の潜在的な違いを評価することを目的とした。 ・リビジョン THA を受けた合計 2,656 人の連続患者が評価された。傾向スコア調整多…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/23

【問題1】(局所麻酔薬) コカインで誤りはどれか? ア:粘膜塗布で麻酔効果がある。 イ:コリンエステラーゼで分解される。 ウ:局所の血管を拡張させる。 エ:コカイン中毒では冠血管攣縮を生じる。 オ:コカイン中毒では肺水腫を生じる。     ▼     ▼     ▼ [解説] 10%溶液の粘…
コメント:0

続きを読むread more

急性腹部手術を受ける患者における死亡率と好中球/リンパ球比、血小板/リンパ球比、および平均血小板容積との関係

・急性腹部手術は死亡率と罹患率が高く、術後期には集中治療がしばしば必要になる。集中治療室では、予後と死亡率を調査するためにさまざまなスコアリングシステムが使用されるが、死亡率と予後を予測するには十分ではない。この目的のために、より簡単に使用できる効果的な方法が調査されている。本研究では、急性腹部手術を受ける患者で、死亡率と好中球リンパ球…
コメント:0

続きを読むread more

消化器癌手術を受けた患者における癌の予後のための揮発性 vs 全静脈麻酔

・これまでの実験的および臨床的研究では、麻酔薬は癌の予後にさまざまな影響を与えることが示されている。ただし、結果はこれらの研究間で一貫していなかった。著者らは、消化管癌手術に際して揮発性または静脈内麻酔を投与された患者の全生存率と無再発生存率を比較した。 ・著者らは、日本の診断手順の併用データベースを使用して、2010 年 7 月…
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡を使用した経鼻気管挿管中の血行動態変化を防ぐためのレミフェンタニルの最適効果部位濃度

・鼻腔挿管は、口腔または頸部の手術を行う際に視野を確保するために最も一般的に使用される方法である。経口気管挿管と同様に、経鼻気管挿管は喉頭鏡を使用する。循環動態変化は交感神経系の刺激により発生する。最近、この変化を最小限に抑えるために、直接喉頭鏡ブレードの端にカメラが取り付けられたビデオ喉頭鏡が使用されている。本研究では、ビデオ喉頭鏡に…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開の低リスク患者における声門上気道器具と気管挿管の比較:系統的レビューとメタ分析

・帝王切開分娩(CD)に際しての声門上気道(SGA)器具の安全性と有害事象率は十分に特徴付けられていない。このレビューの主な目的は、初回留置の成功が高く、SGA の挿入までの時間が待機的 CD の気管挿管よりも速いかどうかを判断することであった。副次目的は、全身麻酔下(GA)での待機的 CD における気管挿管と比較して、SGA の使用に…
コメント:2

続きを読むread more

手の外来小手術に際しての静脈内局所麻酔または腋窩ブロックに対する患者の満足度:無作為化対照試験

・静脈局所麻酔(IVRA)と腋窩腕神経叢ブロックは、手の外来小手術にいて、全身麻酔のよく行われる代替手段である。どちらも有効性は証明されているが、患者の好みは評価されていない。著者らは、両手法で患者の満足度を調査し、IVRA 後の満足度が腋窩腕神経叢ブロックと比較して劣っていないと仮定した。 ・2016 年 9 月から 2017 …
コメント:0

続きを読むread more

術後の喉頭痛に対する気管チューブの加熱軟化の影響:無作為化二重盲式試験

・挿管後の術後喉頭合併症は望ましくないが頻繁にある転帰である。無作為化二重盲式試験を実施して、気管チューブの加熱軟化が挿管後の喉頭合併症を軽減するかかどうかを調査した。 ・鼻手術を受けた患者(n=196)は、対照群と加熱軟化群に無作為に割り当てられた。抜管 1 時間後と 24 時間後に喉頭痛と嗄声を評価した。喉頭痛の重症度は、数値…
コメント:0

続きを読むread more

肥満妊婦における閉塞性睡眠時無呼吸:前向き研究

・研究の目的は、肥満妊婦の母集団における OSA の有病率を明らかにすること。第二の目的は、その産科的影響を評価し、この集団におけるその危険因子を明らかにすることであった。 ・この単施設前向き研究は 2010 年から 2016 年までリール大学病院で行われ、肥満指数(BMI)>35kg/m2 の妊婦が含まれた。彼女らは、OSA を…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/16

【問題1】(代謝) 周術期の肝障害について正しいものはどれか? ア:肝腎症候群では尿比重>1010である。 イ:血中アルブミン濃度の低下は、急性肝疾患の指標となる。 ウ:門脈シャント手術後の死亡率は、Child分類 class C で76%であった。 エ:急性尿細管壊死は、尿中Na濃度<10mEq/Lとなる。 オ:C型…
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下モルヒネを併用したモルヒネ患者管理鎮痛法と、モルヒネ患者管理鎮痛法単独による、術後 24時間の総モルヒネ用…

・このレビューの目的は、モルヒネを使用した患者管理鎮痛(PCAM)に加えて術前クモ膜下モルヒネ(ITM)を併用した場合と、術前 ITM を使用しない PCAM のみが、腹部や胸部の手術を受けた成人患者で、術後 24 時間の総モルヒネ用量に及ぼす効果を評価することであった。術後痛は、腹部および胸部の大手術を受ける患者にとって重大な問題であ…
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショック患者における迅速気管挿管中にリドカインをケタミンに追加する利点:無作為化比較試験

・敗血症性ショックの患者は、一般的に手術室、救急科、集中治療室で全身麻酔下で気管挿管を必要とする。特に循環不全の患者では、低血圧は全身麻酔導入後の重症合併症である。これまでに、敗血症性ショック患者における麻酔導入のプロトコルを調査した無作為化比較試験はない。今回の研究の目的は、敗血症性ショック患者の迅速気管挿管に際しての 2 つのプロト…
コメント:0

続きを読むread more

扁桃腺摘出術中に全身麻酔を受ける小児の気道コンプライアンスと抵抗に影響を与える要因

・気道コンプライアンスは、小児患者の手術における重要な指標である。本研究は、小児患者の扁桃腺摘出術において全身麻酔気管挿管後の動的気道コンプライアンス(Cdyn)と気道抵抗(Raw)に影響を与える要因を調査することを目的とした。 ・2018 年 1 月から 6 月に、上海交通大学附属新華病院でアデノイド扁桃摘出術を受けた 107 …
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウムはi n vitroで P2Y1 2受容体経路を介して血小板機能に抑制効果があり、スガマデクスによって…

・ロクロニウムは、麻酔や集中治療に広く使用されているアミノステロイド非脱分極性筋弛緩薬である。本研究では、in vitro でロクロニウムがヒト血小板機能に及ぼす影響を調査した。 ・血小板凝集、P-セレクチン発現、血小板中の環状アデノシン一リン酸(cAMP)値に及ぼすロクロニウムの影響は、それぞれ凝集計、酵素免疫測定法、フローサイ…
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節置換術を受ける患者におけるクモ膜下モルヒネと睡眠時無呼吸の重症度:無作為化比較対照三重盲式試験

・クモ膜下モルヒネは手術後の鎮痛を延長するが、術後呼吸抑制や無呼吸エピソードに関与している。ただし、これは呼吸ポリグラフを使用した前向き試験では調査されていない。本無作為化対照三重盲式試験では、クモ膜下モルヒネが睡眠時無呼吸の重症度を高めるという仮説を検証した。 ・脊椎麻酔下で股関節形成術を受けた 60 人の被験者に、0.5% 等…
コメント:0

続きを読むread more

EVAR 患者における非心臓手術後の心筋傷害(MINS):後ろ向き的単施設研究

・MINS(非心臓手術後の心筋傷害)は、非心臓手術中または非心臓手術後 30 日以内に発生する虚血による心筋傷害を意味する。 MINS は介入後の 30 日間の死亡率とは独立して関連していることが知られているが、血管処置後、特に血管内動脈瘤修復(EVAR)後の MINS の影響についてはほとんど明らかにされていない。 ・観察後ろ向…
コメント:0

続きを読むread more

エピネフリンと冠血管拡張薬の投与を必要とするアレルゲン関連冠血管攣縮「クーニス症候群」

クーニス症候群は、急性冠症候群を引き起こすアナフィラキシー反応である。アナフィラキシーの急性治療はエピネフリンである。ただし、エピネフリンは、冠血管収縮を引き起こし、冠血流を減少させ、心筋酸素要求量を増加させ、心筋虚血を悪化させる可能性がある。一方、急性冠症候群の治療である冠血管拡張は、アナフィラキシー患者の低血圧を悪化させる可能性があ…
コメント:0

続きを読むread more

頭部を回転させると、筋弛緩下麻酔患者の i-gelと LMA Supreme の中咽頭リーク圧が低下する:無作為化…

・第 2 世代の声門上気道器具(SGA)は、全身麻酔および救急医療における陽圧換気中の気道管理に役立つ。覚醒下開頭術の麻酔管理などの一部の臨床環境では、SGA は頭部を回転させた体位で使用される。この頭部位置は、手術野の露出に必要であるが、この位置は SGA による人工呼吸の効率を悪化させることがある。本研究では、第 2 世代の SGA…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/08

【問題1】(代謝内分泌) 手術侵襲下の内分泌反応について正しいのはどれか。 ア:ストレスホルモン分泌反応は、生体の合目的反応であるから、麻酔によって抑制すべきではない。 イ:バゾプレシン分泌は漸増し、術後早期に最大となる。 ウ:アルドステロン分泌の亢進はレニンアンギオテンシン系より、むしろACTHを介するものである。 エ…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の気道合併症の特定:前向き観察横断臨床試験

・術後早期の気道合併症はめったに観察されないが、発症した場合、脳の損傷や心停止などの致命的な結果が発生する可能性がある。 Royal Anesthetists と Diffiffcult Airway Society は、第 4 回国家監査プロジェクト(NAP4)の研究の一環の中で、12 ヵ月にわたって麻酔中に発生した気道合併症を調査…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬は脂質膜の膜内水の量を有意に増加させる

・麻酔の効力は、Meyer と Overton による細胞膜での薬物分子の分配に直接関連している。多くの分子が脂質二重層と相互作用し、構造的および機能的な変化をもたらす。膜の特性の変化が潜在的な麻酔効果の原因であるか、または麻酔薬が直接の標的に結合することによって作用するかは、未解決の問題のままである。 ・全原子分子動力学シミュレ…
コメント:0

続きを読むread more

大手術を受ける患者の術後肺合併症に対する術中低一回換気量と従来の一回換気量の効果:無作為化臨床試験

・手術中に人工呼吸を受ける患者では、理想的な一回換気量は不明である。研究の目的は、大手術中の従来の換気と比較して、少ない一回換気量が術後肺合併症を減少させるかどうかを判断することであった。 ・2015 年 2 月から 2019 年 2 月まで、オーストラリアのメルボルンの三次病院で全身麻酔下に 2 時間以上の全身麻酔下での大きな非…
コメント:0

続きを読むread more

重症疾患成人における気管挿管後低血圧の危険因子と予測:多施設前向きコホート研究

・ICU での気管挿管後の低血圧は転帰不良と関連している。この循環動態障害の発現を推定するのに役立つ正式な予測ツールはない。著者らの目的は、気管挿管後の即時型低血圧の予測モデルを導出して検証することであった。 ・2015 年 7 月から 2017 年 1 月までに米国の 16 の内科/外科 ICU で気管挿管を受けた 934 人の…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩のための脊椎麻酔中の血行動態に対するエピネフリンとフェニレフリンの持続注入の比較:無作為化比較試験

・フェニレフリンは、産科患者の脊椎麻酔誘発性低血圧の治療に一般的に使用される昇圧薬であるが、反射性徐脈とそれに対応する心拍出量の低下に関連している。本研究の目的は、脊椎麻酔後母体低血圧の予防におけるエピネフリン持続注入とフェニレフリン注入の効果を評価することである。 ・帝王切開分娩を受けた 82 人の女性を無作為にエピネフリン群(…
コメント:0

続きを読むread more

動脈瘤くも膜下出血後の遅発性脳虚血に対する吸入麻酔薬のコンディショニング効果

・動脈瘤性クモ膜下出血(SAH)後の遅発性脳虚血(DCI)は、多くの研究で転帰不良の独立予測因子として確認されている。本研究の目的は、SAH 患者における血管造影、血管攣縮、DCI、神経学的転帰に対する吸入麻酔薬の潜在的な保護的役割を調査することである。 ・治験審査委員会の承認後、2010 年 1 月 1 日から 2018 年 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/02

【問題1】(自律神経) 自律神経系について正しいのはどれか? ア:ムスカリン様受容体の刺激で膀胱の括約筋は弛緩する。 イ:アセチルコリンはミトコンドリアで合成される。 ウ:エフェドリンは、MAO阻害剤服用患者にも問題なく使用できる。 エ:交感神経節前線維は、無髄線維である。 オ:ドパミンは、3〜10μg/kg/minで…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下での帝王切開分娩中に足首で測定された非観血血圧の精度

・本研究では、脊椎麻酔下で帝王切開分娩中前腕の NIBP を検出する際に、足首で測定されたオシロメトリック非観血血圧(NIBP)の精度を評価した。 ・本前向き観察研究では、脊椎麻酔下で待機的帝王切開を受ける満期産の母体のコホートを調べた。腕と足首から同時に NIBP 測定値が得られた。主要評価項目は、腕の収縮期血圧(SBP)<90…
コメント:0

続きを読むread more