動脈瘤くも膜下出血後の遅発性脳虚血に対する吸入麻酔薬のコンディショニング効果

・動脈瘤性クモ膜下出血(SAH)後の遅発性脳虚血(DCI)は、多くの研究で転帰不良の独立予測因子として確認されている。本研究の目的は、SAH 患者における血管造影、血管攣縮、DCI、神経学的転帰に対する吸入麻酔薬の潜在的な保護的役割を調査することである。 ・治験審査委員会の承認後、2010 年 1 月 1 日から 2018 年 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/02

【問題1】(自律神経) 自律神経系について正しいのはどれか? ア:ムスカリン様受容体の刺激で膀胱の括約筋は弛緩する。 イ:アセチルコリンはミトコンドリアで合成される。 ウ:エフェドリンは、MAO阻害剤服用患者にも問題なく使用できる。 エ:交感神経節前線維は、無髄線維である。 オ:ドパミンは、3〜10μg/kg/minで…
コメント:0

続きを読むread more