大手術を受ける患者の術後肺合併症に対する術中低一回換気量と従来の一回換気量の効果:無作為化臨床試験

・手術中に人工呼吸を受ける患者では、理想的な一回換気量は不明である。研究の目的は、大手術中の従来の換気と比較して、少ない一回換気量が術後肺合併症を減少させるかどうかを判断することであった。 ・2015 年 2 月から 2019 年 2 月まで、オーストラリアのメルボルンの三次病院で全身麻酔下に 2 時間以上の全身麻酔下での大きな非…
コメント:0

続きを読むread more