麻酔薬は脂質膜の膜内水の量を有意に増加させる

・麻酔の効力は、Meyer と Overton による細胞膜での薬物分子の分配に直接関連している。多くの分子が脂質二重層と相互作用し、構造的および機能的な変化をもたらす。膜の特性の変化が潜在的な麻酔効果の原因であるか、または麻酔薬が直接の標的に結合することによって作用するかは、未解決の問題のままである。 ・全原子分子動力学シミュレ…
コメント:0

続きを読むread more