頭部を回転させると、筋弛緩下麻酔患者の i-gelと LMA Supreme の中咽頭リーク圧が低下する:無作為化…

・第 2 世代の声門上気道器具(SGA)は、全身麻酔および救急医療における陽圧換気中の気道管理に役立つ。覚醒下開頭術の麻酔管理などの一部の臨床環境では、SGA は頭部を回転させた体位で使用される。この頭部位置は、手術野の露出に必要であるが、この位置は SGA による人工呼吸の効率を悪化させることがある。本研究では、第 2 世代の SGA…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/08

【問題1】(代謝内分泌) 手術侵襲下の内分泌反応について正しいのはどれか。 ア:ストレスホルモン分泌反応は、生体の合目的反応であるから、麻酔によって抑制すべきではない。 イ:バゾプレシン分泌は漸増し、術後早期に最大となる。 ウ:アルドステロン分泌の亢進はレニンアンギオテンシン系より、むしろACTHを介するものである。 エ…
コメント:0

続きを読むread more