ロクロニウムはi n vitroで P2Y1 2受容体経路を介して血小板機能に抑制効果があり、スガマデクスによって…

・ロクロニウムは、麻酔や集中治療に広く使用されているアミノステロイド非脱分極性筋弛緩薬である。本研究では、in vitro でロクロニウムがヒト血小板機能に及ぼす影響を調査した。 ・血小板凝集、P-セレクチン発現、血小板中の環状アデノシン一リン酸(cAMP)値に及ぼすロクロニウムの影響は、それぞれ凝集計、酵素免疫測定法、フローサイ…
コメント:0

続きを読むread more