敗血症性ショック患者における迅速気管挿管中にリドカインをケタミンに追加する利点:無作為化比較試験

・敗血症性ショックの患者は、一般的に手術室、救急科、集中治療室で全身麻酔下で気管挿管を必要とする。特に循環不全の患者では、低血圧は全身麻酔導入後の重症合併症である。これまでに、敗血症性ショック患者における麻酔導入のプロトコルを調査した無作為化比較試験はない。今回の研究の目的は、敗血症性ショック患者の迅速気管挿管に際しての 2 つのプロト…
コメント:0

続きを読むread more