ビデオ喉頭鏡を使用した経鼻気管挿管中の血行動態変化を防ぐためのレミフェンタニルの最適効果部位濃度

・鼻腔挿管は、口腔または頸部の手術を行う際に視野を確保するために最も一般的に使用される方法である。経口気管挿管と同様に、経鼻気管挿管は喉頭鏡を使用する。循環動態変化は交感神経系の刺激により発生する。最近、この変化を最小限に抑えるために、直接喉頭鏡ブレードの端にカメラが取り付けられたビデオ喉頭鏡が使用されている。本研究では、ビデオ喉頭鏡に…
コメント:0

続きを読むread more