消化器癌手術を受けた患者における癌の予後のための揮発性 vs 全静脈麻酔

・これまでの実験的および臨床的研究では、麻酔薬は癌の予後にさまざまな影響を与えることが示されている。ただし、結果はこれらの研究間で一貫していなかった。著者らは、消化管癌手術に際して揮発性または静脈内麻酔を投与された患者の全生存率と無再発生存率を比較した。 ・著者らは、日本の診断手順の併用データベースを使用して、2010 年 7 月…
コメント:0

続きを読むread more