急性腹部手術を受ける患者における死亡率と好中球/リンパ球比、血小板/リンパ球比、および平均血小板容積との関係

・急性腹部手術は死亡率と罹患率が高く、術後期には集中治療がしばしば必要になる。集中治療室では、予後と死亡率を調査するためにさまざまなスコアリングシステムが使用されるが、死亡率と予後を予測するには十分ではない。この目的のために、より簡単に使用できる効果的な方法が調査されている。本研究では、急性腹部手術を受ける患者で、死亡率と好中球リンパ球…
コメント:0

続きを読むread more