骨治癒に及ぼす静脈内および局所トラネキサム酸が影響:ラット脛骨骨折モデルにおける実験的研究

・トラネキサム酸(TXA)は、抗線溶薬である。さまざまな手術で周術期出血に対する輸血必要性を減らすために長く使用されてきた。骨折治癒に対する TXA の局所および静脈内投与の影響を調査した研究はほとんどない。そこで、TXA がラットの脛骨骨折モデルで血腫のボリュームと骨折治癒に影響を与えるかどうかを評価することを目的とした。 ・髄…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/25

【問題1】(神経筋遮断) スキサメトニウムについて正しい記述はどれか。 ア:スキサメトニウムによるカリウム上昇は少量の非脱分極性筋弛緩薬による前処置により防ぐことができる。 イ:スキサメトニウムによる phase II ブロックはネオスチグミンにより必ず拮抗できる。 ウ:小児では、体重当たりのスキサメトニウムの必要量は少…
コメント:0

続きを読むread more