除脂肪体重に基づく中鎖および長鎖トリグリセリドを含むプロポフォールの注射によって引き起こされる痛みの予防のためのリ…

・研究の目的は、中鎖トリグリセリド/長鎖トリグリセリド(MCT/LCT)エマルジョンのプロポフォール注射液の痛みを予防するための予防的静脈内リドカインの有効量の中央値(ED50)を調査することであった。 ・単一病院の手術室での、全身麻酔(GA)下の待機的手術が予定された、ASAーPS I/II、年齢 18〜65 歳の 30 人の患…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際しての全身麻酔率に対する COVID-19 の影響。英国北西部の 6 病院の横断的分析

・COVID-19(SARS-CoV-2)の世界的大流行の開始時に、ガイドラインは、帝王切開に際して全身麻酔よりも区域麻酔を使用することを推奨した。英国の全国統計によると、170,000 件を超える帝王切開の 8.75% が全身麻酔下で実施されたと示唆した。著者らは、帝王切開の全身麻酔率が、英国北西部の 6 つの分娩室でパンデミックの最…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際しての全身麻酔への曝露と入院を必要とする重症産後うつ病の可能性

・これまでの研究では、局所麻酔と比較して、全身麻酔は術後うつ病性障害の確率の増加と関連していることが示唆されている。帝王切開分娩に際して、全身麻酔と比較して、脊柱管麻酔が母体のメンタルヘルスに及ぼす可能性のある保護効果を具体的に評価した研究はない。この探索的研究は、帝王切開分娩に際しての全身麻酔が、脊柱管麻酔と比較して、入院を必要とする…
コメント:0

続きを読むread more

結腸癌切除後の癌予後に対する硬膜外鎮痛の効果:台湾での単施設コホート研究

・硬膜外鎮痛が癌の転帰に影響を与えるかどうかについては議論の余地がある。これまでのほとんどの調査では、癌の転帰に対する重要な病理学的要因の交絡の可能性を無視していた。本研究は、硬膜外鎮痛と結腸癌切除後の癌再発または死亡との関連を評価することを目的とした。 ・台湾の単の医療センターでの、2005 年から 2014 年に、腸切除を受け…
コメント:0

続きを読むread more

子宮鏡検査後の術後疼痛に対する術前静脈内リドカインの効果:無作為化比較試験

・子宮および子宮内膜の異常の診断と治療のための子宮鏡検査の使用は、しばしば術後痛と関連している。本無作為化比較試験は、子宮鏡検査後疼痛みの軽減における術前静脈内(IV)リドカインの有効性を評価することを目的としている。 ・韓国の城南にある CHA ブンダン医療センターで待機的子宮鏡検査を受ける合計 138 人の患者を、それぞれ、通…
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡検査における脊髄くも膜下麻酔と全身麻酔:前向き無作為化試験

・麻酔パラメータと患者の満足度に関して、総酸素化剤、抗酸素化剤値、および酸素化ストレス指数(OSI)の評価とともに、婦人科腹腔鏡手術における脊髄くも膜下麻酔(SA)と全身麻酔(GA)を比較する。 ・婦人科腹腔鏡検査を受ける予定の 60 人の患者が G 群(GA)と S 群(SA)に無作為化した。人口統計、有害事象、麻酔パラメーター…
コメント:0

続きを読むread more

リドカインまたはマグネシウムを静脈内注射すると、腹腔鏡下胆嚢摘出術後の早期回復の質が向上する:無作為化比較試験

・これまでののデータは、リドカインまたはマグネシウムがストレス抑制と抗炎症の独特の特徴を持っていることを示している。著者らは、腹腔鏡下胆嚢摘出術後の回復の質(QoR)に対するリドカインまたはマグネシウムの効果を観察することを目的とした。 ・2019 年 3 月から 2019 年 10 月まで、腹腔鏡下胆嚢摘出術が予定されている 1…
コメント:0

続きを読むread more

低アルブミン血症と急性腎障害:観察的臨床研究のメタ分析

・研究の目的は、低アルブミン血症が急性腎障害(AKI)のリスク増加と独立して関連しているという仮説を検証することであった。 ・血清アルブミン値と AKI の発生との関係を多変量法により評価している観察臨床研究のメタ分析を実施した。さらに、AKI を発症した患者の死亡率に及ぼす血清アルブミン低下の影響を評価した。適格な研究は複数の方…
コメント:0

続きを読むread more

McGrath MAC ビデオ喉頭鏡による挿管用の 2 つの異なる形状のスタイレットの比較:無作為化比較試験

・本研究は、McGrathMAC ビデオ喉頭鏡(MVL)を使用した挿管に際して 60°とJ 字型のスタイレットの2つの異なる形状を比較するために実施された。 ・全身麻酔下で手術を受ける 222 人の患者を無作為に J 群(n=111)か、または 60°群(n=111)に割り当て、割り当てられた形状にスタイレットを曲げた状態で MV…
コメント:0

続きを読むread more

鼻腔内デキスメデトミジンは、全身麻酔下で人工膝関節全置換術を受ける患者の術後オピオイド必要量を減少させる

・人工膝関節全置換術(TKA)は激しい痛みを引き起こし、術後鎮痛には強力なオピオイドが一般的に使用される。デキスメデトミジンは、処置時の鎮静に適応のある新しいα2-アドレナリン受容体活性化薬であるが、これまでの研究では、臨床的に関連する鎮痛および制吐効果が示されている。TKA を受ける患者の術後オピオイド必要量に及ぼす鼻腔内デキスメデト…
コメント:0

続きを読むread more

全関節置換術患者におけるデキサメタゾン 4mg vs 8mg の投与量の比較:後ろ向き的分析

・デキサメタゾンは通常、術後悪心嘔吐(PONV)と疼痛を抑えるために術中に投与される。手術中のデキサメタゾンの理想的な投与量のエビデンスは限られている。デキサメタゾンの投与は血糖値を上昇させる可能性があり、糖尿病患者の許容可能な血糖値を維持する上で独特の課題を提起する。本研究の目的は、股関節および膝関節形成術を受ける患者の転帰について、…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の術後ヘモグロビンと心筋傷害との関連:後ろ向きコホート分析

・非心臓手術後心筋傷害(MINS)は一般的で、ほとんどが無症状であり、術後死亡率の強力な予測因子である。MINS は、心筋の酸素需給ミスマッチに起因するようである。最近のデータは、術後のヘモグロビン濃度を低くする可能性のある周術期制限的輸血戦略を支持している。術後ヘモグロビン低値が心筋傷害に関連しているかどうかは不明のままである。そこで…
コメント:0

続きを読むread more

産科における硬膜穿刺後頭痛の管理:前向き、国際的、コホート研究

・偶発的硬膜穿刺は、硬膜外鎮痛のまれな合併症であり、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)を引き起こす可能性がある。著者らは、管理手順と硬膜外血液パッチ(EBP)または EBP なしで PDPH を治療した後の転帰を明らかにすることを目的とした。 ・倫理委員会の承認後、偶発的硬膜穿刺後に PDPH を発症した患者を参加国から募集し、EBP を…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/19

【問題1】(心疾患患者への注意) 左室駆出率について正しい記述はどれか。 ア:左室駆出率が40%未満の場合の、1年生存率は70%である。 イ:左室駆出率は後負荷には影響されない。 ウ:冠動脈疾患患者の胸部X線写真で心胸郭比が50%以上なら、左室駆出率が40%未満である確率は70%より高い。 エ:僧帽弁逆流症で左室駆出率が…
コメント:0

続きを読むread more

結腸直腸手術におけるリポソームブピバカインと静脈内アセトアミノフェンのオピオイド節約効果

・本研究では、結腸直腸手術におけるリポソームブピバカインと静脈内アセトアミノフェンのオピオイド節約効果を評価した。 ・本研究は、2016 年 5 月から 2018 年 2 月に大学関連医療センターで実施された後ろ向き的 2×2 要因コホートであった。開腹または低侵襲性結腸直腸切除術を受けた患者が含まれた。除外基準は、年齢 18 歳…
コメント:0

続きを読むread more

小児の全静脈麻酔に際してのプロポフォール-レミフェンタニル混合物の安全性プロファイルと有効性

・英国では、全静脈麻酔は手術の 10% 未満で使用されている。英国とアイルランドの多くの小児麻酔科医は、同じ注射器にプロポフォールとレミフェンタニルの混合物を入れて使用して、小児に全静脈麻酔を施している。この無認可薬は、そのような研究を行うための医薬品・医療製品規制庁(英国)や食品医薬品局(米国)の承認がないため、臨床的に研究されていな…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における全身麻酔 vs 区域麻酔への曝露と認知症のリスクとの関連

・認知能の変化は、手術後の高齢者によく見られる。全身麻酔(GA)への曝露がアルツハイマー病のリスク増加に寄与する可能性があるという懸念がある。著者らの研究では、待機的外科手術のために投与された区域麻酔(RA)と比較して GA への曝露と認知症の発症との関連を調べた。 ・地域住民ベースの傾向一致後ろ向きコホート研究で、リンクされた行…
コメント:0

続きを読むread more

挿管用ラリンジアルマスクエアウェイ(ILMA)FastrachTMと Ambu Aura-i(TM)によるファイバ…

・本研究の主な目的は、挿管用ラリンジアルマスクエアウェイ気道(ILMA)と AmbuRAura-i をファイバーガイド下挿管を容易にするための導管として使用する場合の、挿管特性と有効性を比較することであった。 ・80 人の患者が病院ベースの無作為化比較研究に登録された。全身麻酔導入後、適切なサイズの ILMA(1 群)か、Ambu…
コメント:0

続きを読むread more

不注意による気管支挿管の予防:小児の気道長の予測因子としての上顎切歯から胸骨柄結合 の長さ

・気道内の気管チューブの位置ずれは、重症合併症を引き起こす可能性がある。気管チューブの推定挿入長は正確で信頼できるものでなければならない。研究の目的は、インドの小児患者集団において、頭部伸展位での上顎切歯-胸骨柄結合の長さを気道長の予測因子として使用して、小児の気管チューブの挿入長をガイドできるか、そして、頭部中立位で、上顎切歯-胸骨柄…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後の術後肺炎の危険因子としての早期術後低アルブミン血症

・術後肺炎は、高齢者の股関節骨折手術の一般的で壊滅的な合併症である。本研究は、股関節骨折手術後の術後早期の低アルブミン血症と肺炎との関係を明らかにすることを目的とした。 ・ある施設で実施されたこの後ろ向きコホート研究では、股関節骨折手術を受けた 1155 人の連続患者(年齢>60 歳)の診療記録をレビューした。多変量ロジスティック…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/13

【問題1】(麻酔のメカニズム) 次のうち正しいのはどれか。 ア:麻酔は脳のATP含有量を低下させないといわれている。 イ:麻酔薬はルシフェリン-ルシフェラーゼモデルで発光現象を阻害する。 ウ:Overton-Meyer のリポイド説は、麻酔薬がシナプスの脂質膜を可逆的に変性することを意味する。 エ:ナロキソンはエンフルレ…
コメント:0

続きを読むread more

ブピバカイン-フェンタニル脊髄くも膜下麻酔にクモ膜下硫酸マグネシウムを追加する効果:無作為化比較試験のメタ分析

・本研究は、クモ膜下ブピバカインとフェンタニルの併用にマグネシウムを追加する効果を評価するために計画されたメタ分析である。 ・PubMed、Cochrane ライブラリ、Web of Science、Google Scholar で、クモ膜下ブピバカインとフェンタニルの併用にマグネシウムを追加した場合の効果を調査する無作為化比較試…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/12

【問題1】(体位) 正しいのはどれか。 ア:手術体位による神経障害が最も起こりやすいのは尺骨神経である。 イ:腹部を圧迫すると全肺コンプライアンスが低下する。 ウ:Trendelenburg体位では脳静脈圧が上昇する。 エ:長時間手術後の禿頭の原因は頭皮の循環障害である。     ▼     ▼    …
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査および気管挿管に対する循環動態ストレス反応に関するキングヴィジョンビデオ喉頭鏡およびグライドスコープの評価

・著者らは、新しい気道確保器具を使用すると、喉頭鏡検査と気管内(ET)挿管に対する循環動態ストレス反応(HDSR)が低下すると仮定している。著者らの研究の目的は、キングビジョンビデオ喉頭鏡(KVVL)とグライドスコープ(GLS)を使用して、喉頭鏡検査と気管挿管に対する循環動態ストレス反応(HDSR)を評価することであった。 ・AS…
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開における下肢の弾性包帯または空気圧迫後の脊髄くも膜下麻酔下での循環動態変化:無作為化比較試験

・適切な水分負荷と左側臥位にもかかわらず、帝王切開中の脊髄くも膜下麻酔下で低血圧を発症する。弾性クレープ包帯(CB)または空気圧迫装置(PCD)を利用して、下肢に血液が貯留まるのを防ぎ、それによってこれらの患者の低血圧の発生率を減らしうる。本研究は、麻酔下で帝王切開を受ける妊婦において弾性 CB および PCD による下肢のラッピングが…
コメント:0

続きを読むread more

左側ダブルルーメンチューブの挿入長を予測するための身長ベースの式の有効性:前向き観察研究

・左側ダブルルーメンチューブの挿入長は、慎重な位置決めと気管支鏡による確認が必要である。身長に基づくいくつかの公式は、左側ダブルルーメンチューブの最適な挿入長を推定するために使用されている。本前向き研究を実施して、以前に開発した身長ベースの式(0.25×身長0.916)が左側ダブルルーメンチューブの正確な挿入長を予測できるという仮説を検…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔小児における持続的気道陽圧法による無気肺の予防:無作為化比較試験

・持続的気道陽圧法(CPAP)は、成人の周術期無気肺を予防するが、小児におけるその効果は定量化されていない。本研究の目的は、全身麻酔下の小児の導入後および術後の無気肺の予防における CPAP の役割を評価することであった。 ・アルゼンチンのマルデルプラタになる地域病院での単施設の無作為化比較試験で、標準化全身麻酔下で、年齢 6 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/08

【問題1】(局所麻酔法) 腕神経叢ブロックについて正しい記述はどれか。 ア:斜角筋間アプローチでは、しばしば尺骨神経がブロックされない。 イ:腋窩アプローチでは、筋皮神経を別にブロックする必要があることが多い。 ウ:鎖骨上アプローチでは、気胸の危険がある。 エ:腋窩アプローチで腋窩動脈穿刺をした場合は、ブロックを行っては…
コメント:0

続きを読むread more

脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔をした待機的帝王切開を受ける患者で、pH テストを使用して脳脊髄液とメピバカインを区別する

・単椎間の脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA)では、脊椎麻酔針から出てくる液体が脳脊髄液(CSF)なのか、抵抗喪失(LOR)法で使用された液体なのかを正しく判断することが重要である。本研究では、LOR にメピバカインを使用し、CSF とメピバカインの pH 値を測定して、単椎間 CSEA を実施するときに CSF を確認するための信頼…
コメント:2

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/07

■ これって常識? ■結核性胸膜炎は,胸水からの結核菌の検出率は30%程度 従来の細菌検査では,結核性胸膜炎における結核菌の検出率は25〜30%程度.胸膜生検と組み合わせると,陽性率は約75〜90%程度にまで改善する.胸水ADAが50IU/l以上で,胸水細胞がリンパ球優位であった場合には,結核性胸膜炎の可能性が強く示唆され,胸…
コメント:0

続きを読むread more

院外心停止時の i-gel 声門上気道器具 vs 気管挿管の無作為化試験(AIRWAYS-2):3 ヵ月および 6…

・AIRWAYS-2 クラスター無作為化対照試験では、非外傷性の院外心停止(OHCA)の成人患者を治療する救急医療サービス臨床家(救急救命士)が使用する最初の高度な気道管理(AAM)戦略として、i-gel 声門上気道器具(SGA)と気管挿管(TI)を比較した。主要評価項目である 30 日/退院時の修正ランキンスケール(mRS)スコアは …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/06

【問題1】(麻酔) 患者体位について正しいのはどれか? ア:尺骨神経損傷は男性に多く、術後数日たって発症する。 イ:下肢の末梢神経障害は、砕石位を取っていた時間とは無関係である。 ウ:総腓骨神経損傷は膝の内側の保護が不十分の場合に起こる。 エ:坐位手術での頚部の前屈では顎先と胸骨の間に2横指の間隙を開ける。 オ:Tre…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔による低血圧の治療に対するエピネフリンの効果:ノルエピネフリンおよびフェニレフリンとの比較、臨床試験

・脊椎麻酔による低血圧の予防と治療のためのエピネフリンの安全性と効率に関するデータは限られている。本研究は、帝王切開分娩中の脊椎麻酔による低血圧の治療とエフェドリン必要量に対するエピネフリンとノルエピネフリンおよびフェニレフリンの効果を比較するために実施された。 ・脊髄くも膜下麻酔下で待機的帝王切開を受ける合併症のない妊婦 160…
コメント:0

続きを読むread more

くも膜下投与のためにモルヒネを希釈した後の薬物濃度と細菌汚染の測定:実験的研究

・クモ膜下注入の安全な投与には、低濃度のモルヒネが必要である。これらの低濃度を達成するためにモルヒネの手による希釈が行われることもあるが、希釈エラーや細菌汚染のリスクがある。主な目標は、4 種類の注射器群間でモルヒネとブピバカインの濃度を比較することであった。副次的目標は、これらの群間の汚染率の差を調査することであった。 ・25 …
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査困難の単一の正確な予測因子としての甲状頤間垂直高検査の評価

・甲状頤間垂直高検査は、既存の方法よりも喉頭鏡検査困難のより正確な予測因子と見なされる比較的新しい簡単な方法である。本研究の目的は、一般的に使用されている方法と比較して、喉頭鏡検査困難を予測する際の甲状頤間垂直高検査の精度を評価することであった。 ・病院ベースのこの横断的観察研究は、気管挿管による全身麻酔下での手術が予定されている…
コメント:0

続きを読むread more

股関節および膝関節形成術における術後悪心嘔吐のリスク:クモ膜下モルヒネを含む脊髄くも膜下麻酔後の前向きコホート研究

・全身麻酔後の術後悪心嘔吐の全体的なリスクは、予防薬を使用しても約 30% である。くも膜下モルヒネを含む局所麻酔後のリスクを調査した研究は限られているが、くも膜下モルヒネは催吐性が高く、他の形態の麻酔に関連した PONV リスクに相加的に作用することが示されている。この観察研究の目的は、クモ膜下モルヒネを併用した脊椎麻酔後の PONV…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔自体よりも入院を必要とする状態は、小児の学習障害の診断に関連している

・麻酔は霊長類の発育において神経毒性がある。後ろ向き的臨床研究は、乳児期の麻酔への曝露と学習障害(LD)の発生との相関関係を示している。前向き研究では、麻酔への単回曝露が神経発達に及ぼす影響を検出できなかった。著者らは、小児のいくつかの特定の集団が麻酔関連の神経毒性に選択的に敏感であると仮定した。 ・症例コントロールデザインを使用…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/01

【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.2p144 (アナフィラキシー、その他)『アナフィラキシーショックが起こったら』 アナフィラキシーショックの周術期の頻度=0.03%。アナフィラキシー=IgEを介する I 型アレルギー、アナフィラキシー様反応=直接あるいは補体を介して肥満細胞・好塩基球を活性化。 ●治療:初期治療…
コメント:0

続きを読むread more