全身麻酔自体よりも入院を必要とする状態は、小児の学習障害の診断に関連している

・麻酔は霊長類の発育において神経毒性がある。後ろ向き的臨床研究は、乳児期の麻酔への曝露と学習障害(LD)の発生との相関関係を示している。前向き研究では、麻酔への単回曝露が神経発達に及ぼす影響を検出できなかった。著者らは、小児のいくつかの特定の集団が麻酔関連の神経毒性に選択的に敏感であると仮定した。 ・症例コントロールデザインを使用…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/01

【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.2p144 (アナフィラキシー、その他)『アナフィラキシーショックが起こったら』 アナフィラキシーショックの周術期の頻度=0.03%。アナフィラキシー=IgEを介する I 型アレルギー、アナフィラキシー様反応=直接あるいは補体を介して肥満細胞・好塩基球を活性化。 ●治療:初期治療…
コメント:0

続きを読むread more