喉頭鏡検査困難の単一の正確な予測因子としての甲状頤間垂直高検査の評価

・甲状頤間垂直高検査は、既存の方法よりも喉頭鏡検査困難のより正確な予測因子と見なされる比較的新しい簡単な方法である。本研究の目的は、一般的に使用されている方法と比較して、喉頭鏡検査困難を予測する際の甲状頤間垂直高検査の精度を評価することであった。 ・病院ベースのこの横断的観察研究は、気管挿管による全身麻酔下での手術が予定されている…
コメント:0

続きを読むread more