くも膜下投与のためにモルヒネを希釈した後の薬物濃度と細菌汚染の測定:実験的研究

・クモ膜下注入の安全な投与には、低濃度のモルヒネが必要である。これらの低濃度を達成するためにモルヒネの手による希釈が行われることもあるが、希釈エラーや細菌汚染のリスクがある。主な目標は、4 種類の注射器群間でモルヒネとブピバカインの濃度を比較することであった。副次的目標は、これらの群間の汚染率の差を調査することであった。 ・25 …
コメント:0

続きを読むread more