院外心停止時の i-gel 声門上気道器具 vs 気管挿管の無作為化試験(AIRWAYS-2):3 ヵ月および 6…

・AIRWAYS-2 クラスター無作為化対照試験では、非外傷性の院外心停止(OHCA)の成人患者を治療する救急医療サービス臨床家(救急救命士)が使用する最初の高度な気道管理(AAM)戦略として、i-gel 声門上気道器具(SGA)と気管挿管(TI)を比較した。主要評価項目である 30 日/退院時の修正ランキンスケール(mRS)スコアは …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/06

【問題1】(麻酔) 患者体位について正しいのはどれか? ア:尺骨神経損傷は男性に多く、術後数日たって発症する。 イ:下肢の末梢神経障害は、砕石位を取っていた時間とは無関係である。 ウ:総腓骨神経損傷は膝の内側の保護が不十分の場合に起こる。 エ:坐位手術での頚部の前屈では顎先と胸骨の間に2横指の間隙を開ける。 オ:Tre…
コメント:0

続きを読むread more