脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔をした待機的帝王切開を受ける患者で、pH テストを使用して脳脊髄液とメピバカインを区別する

・単椎間の脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA)では、脊椎麻酔針から出てくる液体が脳脊髄液(CSF)なのか、抵抗喪失(LOR)法で使用された液体なのかを正しく判断することが重要である。本研究では、LOR にメピバカインを使用し、CSF とメピバカインの pH 値を測定して、単椎間 CSEA を実施するときに CSF を確認するための信頼…
コメント:2

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/07

■ これって常識? ■結核性胸膜炎は,胸水からの結核菌の検出率は30%程度 従来の細菌検査では,結核性胸膜炎における結核菌の検出率は25〜30%程度.胸膜生検と組み合わせると,陽性率は約75〜90%程度にまで改善する.胸水ADAが50IU/l以上で,胸水細胞がリンパ球優位であった場合には,結核性胸膜炎の可能性が強く示唆され,胸…
コメント:0

続きを読むread more