麻酔小児における持続的気道陽圧法による無気肺の予防:無作為化比較試験

・持続的気道陽圧法(CPAP)は、成人の周術期無気肺を予防するが、小児におけるその効果は定量化されていない。本研究の目的は、全身麻酔下の小児の導入後および術後の無気肺の予防における CPAP の役割を評価することであった。 ・アルゼンチンのマルデルプラタになる地域病院での単施設の無作為化比較試験で、標準化全身麻酔下で、年齢 6 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/08

【問題1】(局所麻酔法) 腕神経叢ブロックについて正しい記述はどれか。 ア:斜角筋間アプローチでは、しばしば尺骨神経がブロックされない。 イ:腋窩アプローチでは、筋皮神経を別にブロックする必要があることが多い。 ウ:鎖骨上アプローチでは、気胸の危険がある。 エ:腋窩アプローチで腋窩動脈穿刺をした場合は、ブロックを行っては…
コメント:0

続きを読むread more