待機的帝王切開における下肢の弾性包帯または空気圧迫後の脊髄くも膜下麻酔下での循環動態変化:無作為化比較試験

・適切な水分負荷と左側臥位にもかかわらず、帝王切開中の脊髄くも膜下麻酔下で低血圧を発症する。弾性クレープ包帯(CB)または空気圧迫装置(PCD)を利用して、下肢に血液が貯留まるのを防ぎ、それによってこれらの患者の低血圧の発生率を減らしうる。本研究は、麻酔下で帝王切開を受ける妊婦において弾性 CB および PCD による下肢のラッピングが…
コメント:0

続きを読むread more