股関節骨折手術後の術後肺炎の危険因子としての早期術後低アルブミン血症

・術後肺炎は、高齢者の股関節骨折手術の一般的で壊滅的な合併症である。本研究は、股関節骨折手術後の術後早期の低アルブミン血症と肺炎との関係を明らかにすることを目的とした。 ・ある施設で実施されたこの後ろ向きコホート研究では、股関節骨折手術を受けた 1155 人の連続患者(年齢>60 歳)の診療記録をレビューした。多変量ロジスティック…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/13

【問題1】(麻酔のメカニズム) 次のうち正しいのはどれか。 ア:麻酔は脳のATP含有量を低下させないといわれている。 イ:麻酔薬はルシフェリン-ルシフェラーゼモデルで発光現象を阻害する。 ウ:Overton-Meyer のリポイド説は、麻酔薬がシナプスの脂質膜を可逆的に変性することを意味する。 エ:ナロキソンはエンフルレ…
コメント:0

続きを読むread more