不注意による気管支挿管の予防:小児の気道長の予測因子としての上顎切歯から胸骨柄結合 の長さ

・気道内の気管チューブの位置ずれは、重症合併症を引き起こす可能性がある。気管チューブの推定挿入長は正確で信頼できるものでなければならない。研究の目的は、インドの小児患者集団において、頭部伸展位での上顎切歯-胸骨柄結合の長さを気道長の予測因子として使用して、小児の気管チューブの挿入長をガイドできるか、そして、頭部中立位で、上顎切歯-胸骨柄…
コメント:0

続きを読むread more