鼻腔内デキスメデトミジンは、全身麻酔下で人工膝関節全置換術を受ける患者の術後オピオイド必要量を減少させる

・人工膝関節全置換術(TKA)は激しい痛みを引き起こし、術後鎮痛には強力なオピオイドが一般的に使用される。デキスメデトミジンは、処置時の鎮静に適応のある新しいα2-アドレナリン受容体活性化薬であるが、これまでの研究では、臨床的に関連する鎮痛および制吐効果が示されている。TKA を受ける患者の術後オピオイド必要量に及ぼす鼻腔内デキスメデト…
コメント:0

続きを読むread more