■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/26

MCQ5.png



【問題1】(中枢神経) 脊椎の生理的彎曲は水平仰臥位の場合、最低部はどのレベルになるか?
1) L1 2) Th5 3) L3 4) L5 5) C4

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 脊椎の生理的彎曲は水平仰臥位の場合、最高部はL3、最低部はTh5のレベルになる。


[正解] 2 [出典] Q新麻酔科学改訂第5版p149



【問題2】(モニター) カプノグラフィについて正しいのはどれか?

ア:サイドストリーム方式の長所は、速い呼吸、低流量の呼吸でも正確に測定できることである。

イ:過換気では、呼気二酸化炭素濃度の低下がみられる。

ウ:換気血流不均等があると、呼気二酸化炭素濃度は動脈血二酸化炭素分圧よりも低値となる。

エ:低体温では、呼気二酸化炭素濃度の上昇がみられる。

オ:サイドストリーム方式の長所は、長時間使用の安定性が良いことである。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:×:メインストリーム方式の長所は、速い呼吸、低流量の呼吸でも正確に測定できることである。サイドストリーム方式では、速い呼吸で波形が歪むことがある。
イ:○:過換気では、呼気二酸化炭素濃度の低下がみられる。
ウ:○:換気血流不均等があると、呼気二酸化炭素濃度は動脈血二酸化炭素分圧よりも低値となる。
エ:×:低体温、過換気、死腔の増加、代謝活性の低下(神経筋遮断後)では、呼気二酸化炭素濃度の低下がみられる。
オ:×:メインストリーム方式の長所は、長時間使用の安定性が良いことで、人工呼吸器を用いるICUなどでの長期間にわたる呼吸管理に使用されている。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p171-175



【問題3】(外傷) 血気胸に対する緊急開胸適応基準として正しいのはどれか。

ア:胸腔内チューブを3本以上挿入しても、大量のエアリークが続く緊張性気胸

イ:胸部X線写真で、血胸により縦隔の位置が健側に偏位している。

ウ:胸腔内チューブ挿入後に、1L以上の出血が見られる。

エ:胸腔内チューブより1時間500ml以上の出血がある。

オ:胸腔内チューブより1時間200ml以上の出血が3時間持続する。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 【血気胸に対する緊急開胸適応基準】 1.胸腔内チューブを3本以上挿入しても、緊張性気胸が改善されず、チューブより多量の漏出が持続する時。2.胸部X線写真で、血胸により縦隔の位置が健側に偏位している。3.胸腔内チューブ挿入後に、1L以上の出血が見られる。4.胸腔内チューブより1時間500ml以上の出血、あるいは1時間200ml以上の出血が3時間持続する。


[正解] 全て [出典] LiSA Vol2-No5-p67(1995)



【問題4】(溺水・中毒・体温) 薬物中毒に対する胃洗浄は、最低何リットルくらい行うか?
1) 15L 2) 4L 3) 8L 4) 2L 5) 20L

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 薬物中毒対する胃洗浄は、最低2L。十二指腸への移行を防止するため、左側臥位で微温湯または生食水(1回300ml以下)で排液の混濁がなくなるまで、繰り返し洗浄する。


[正解] 4 [出典]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント