■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/27

MCQ16.png



【問題1】(心疾患患者への注意) 細菌性心内膜炎予防のための抗生物質投与が必要な場合はどれか。

ア:大動脈弁狭窄症

イ:僧帽弁置換後

ウ:Fallot四徴症根治手術後

エ:逆流を伴わない僧帽弁逸脱症

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 心臓弁膜症や人工弁置換術後、人工血管グラフト置換後には、歯科治療手術の際に細菌性心内膜炎の予防が必要である。適切な抗生物質は、手術の種類によって異なる。


[正解] (ア)、(イ)、(ウ) [出典] 麻酔科クリニカル問題集



【問題2】(体液電解質) 成人の体液代謝につき誤っているのはどれか。

ア:血漿のコロイド浸透圧は約25mmHgである。

イ:吸入麻酔薬は下垂体後葉ホルモンの分泌を刺激して尿量を減少させる。

ウ:細胞外液量の過不足を感知するのは腎臓の体液量受容体である。

エ:開腹手術中の不感蒸泄は200ml/時間をこえない。

オ:尿中のNa+/K+はアルドステロンの分泌を反映する。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 血漿蛋白に由来する血漿のコロイド浸透圧は25mmHgである。吸入麻酔薬は下垂体後葉からのADH分泌を刺激し、血漿中ADH濃度の上昇に伴って尿量が減少する。分泌刺激効果はハロセンに比しエーテルの方が強い。細胞外液量の過不足を感知するのは大動脈や肺動脈の伸展受容体である。開腹手術では、術野からの水分蒸発は1時間当たり150mlといわれている。血液あるいは生体にK異常がある場合、尿中Na/K比2以上は低アルドステロン症、K保持性利尿薬、Na/K比1以下は高アルドステロン症、サイアザイド・ループ利尿剤、と判定される。


[正解] (ウ) [出典] 第28回麻酔指導医認定筆記試験:A11





【問題3】(心臓・血管) 次のうち、人工心肺装置の主回路でないものはどれか?
1) 動脈フィルタ
4) 脱血回路
2) 吸引回路
5) 静脈貯血槽
3) 人工肺


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 脱血された静脈血は、人工肺でガス交換が行われ、酸素化を受けた動脈血は、動脈フィルター及び送血回路を介して上行大動脈に挿入された送血用カニューレにより、患者の動脈内に送られる。この脱血回路、静脈貯血槽、人工肺、動脈フィルタをつなぐ回路を「主回路」と呼ぶ。この主回路以外に「吸引回路」、および「ベント回路」がある。吸引回路は、術野に溜まった血液を吸引する回路であり、ベント回路は、心臓が過伸展しないように心臓内から血液を吸引する回路である。これら2つの回路から吸引された血液は、同様に静脈貯血槽に導かれ、主回路に入る。


[正解] 2 [出典] LiSA Vol6-No2-p104(1999)




【問題4】(心臓・血管) DPTI(diastolic puressure time index)とは次のうちどれで示されるか?
1) 拡張期圧×心拍数×拡張期時間
3) 拡張期圧×心拍数×PCWP
5) 心拍数/拡張期血圧
2) 拡張期圧×心拍数
4) 平均拡張期圧×拡張期時間


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] DPTI(diastolic puressure time index)とは平均拡張期圧×拡張期時間で示される心筋酸素供給=冠血流量の指標である。TTI(tension time index)とは次の平均収縮期圧×収縮期時間で示される心筋酸素需要の指標である。心筋酸素需要供給バランスの指標;EVR=DPTI/SPTIの正常値>0.75


[正解] 4 [出典] CCUハンドブックP37

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント