待機的帝王切開分娩を受けた女性における脊椎麻酔前の局所麻酔薬浸潤痛と急性・慢性の術後疼痛との関係を検討するための前…

・帝王切開分娩は世界的に最も一般的に行われている手技の一つである。本前向きコホート研究では、脊椎麻酔前の局所麻酔薬浸潤(LAI)疼痛と帝王切開分娩後 24 時間以内の疼痛およびモルヒネ消費量との関連性(主要評価項目)を評価した。副次評価項目は、LAI 疼痛と術後 1 ヶ月の疼痛との関連を評価することであった。 ・帝王切開分娩を予定…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/30

【問題1】(代謝) 周術期の肝障害について正しいものはどれか? ア:血中トランスアミナーゼ値の高さは必ずしも壊死肝細胞の数とは相関しない。 イ:急性尿細管壊死は、尿比重=1010〜1015となる。 ウ:肝腎症候群と急性尿細管壊死とは発症パターンや検査所見からは鑑別が困難である。 エ:肝硬変患者では、血管収縮により循環血漿…
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外麻酔を用いた帝王切開術患者に対する術前経口炭水化物投与の効果:予備研究

・本研究の目的は、硬膜外麻酔を用いた帝王切開術を受ける患者に対する術前経口炭水化物投与の効果を評価することであった。 ・無作為化比較臨床試験で、帝王切開術を受ける患者 75 名(ASA-PS I-II)を、炭水化物飲料(CHO 群)、フレーバーウォーター(プラセボ群)、絶食群のいずれかに無作為に割り付けた。CHO 群とプラセボ群で…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管麻酔は、無菌的なリビジョン人工股関節全置換術を受けた患者の治療成績の改善と術後合併症の減少と関連している

・初回人工股関節置換術(THA)の頻度が増加し続ける中、再置換術(rTHA)はますますよく見られる手技となってきている。rTHA の複雑さと、これらの手技の頻度の増加が予測されることを考えると、転帰を改善するために患者の最適化が関心を集めている。初回 THA では、術後転帰の修正可能な危険因子として麻酔薬の選択が広範囲に研究されており、…
コメント:0

続きを読むread more

オフポンプ冠動脈バイパス手術における周術期の最低ヘモグロビン濃度と転帰-後ろ向きレビュー

・最近のエビデンスでは、人工心肺を用いた心臓手術において、ヘモグロビン(Hb)値を約 7〜8g/dL に制限した輸血戦略の使用が提唱されている。しかし、人工心肺の補助なしで心臓脱転や温区域虚血再灌流損傷を伴うオフポンプ冠動脈バイパス(OPCAB)において、同じ閾値を適用できるかどうかは不明である。本研究の目的は、周術期最低 Hb 値と …
コメント:0

続きを読むread more

腹臥位での i-gel による盲目的挿管: 前向きコホート研究

・腹臥位での偶発的な抜管は、迅速かつ低リソースでの気道管理が必要とされる医療上の緊急事態である。酸素化を回復することが第一の目的であるが、酸素化を取り戻すために挿管が必要な場合もある。i-gel(Intersurgical Ltd, Wokingham, Berkshire, UK)を用いた盲目的挿管は、迅速かつ低リソースの方法である。…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/27

【問題1】(心疾患患者への注意) 細菌性心内膜炎予防のための抗生物質投与が必要な場合はどれか。 ア:大動脈弁狭窄症 イ:僧帽弁置換後 ウ:Fallot四徴症根治手術後 エ:逆流を伴わない僧帽弁逸脱症     ▼     ▼     ▼ [解説] 心臓弁膜症や人工弁置換術後、人工血管グラフト置換後に…
コメント:0

続きを読むread more

乳房手術における局所区域麻酔の役割とは?痛みの強さ、オピオイド消費量量、有害事象、患者の満足度に焦点を当てた系統的…

・米国では乳房手術がよくある。痛みは乳房手術を受ける女性の最大 50% に及び、術後の転帰に影響を当たる可能性がある。全身麻酔は従来の麻酔法であり、最も頻繁に使用されている。様々な局所区域麻酔法も乳房手術に使用されている。乳房手術における術後疼痛に対する局所区域麻酔の使用について、疼痛管理における役割を明らかにするための系統的なレビュー…
コメント:0

続きを読むread more

腸管微小循環に及ぼす術中輸液と昇圧剤の効果の比較

・いくつかの研究で、術中低血圧の治療や体液過剰の予防には昇圧剤がより適切である可能性があることが明らかにされている。本研究では、術中低血圧治療時の腸管微小循環に及ぼす昇圧剤注入と水分補給の効果を比較した。 ・32 匹のラットを無作為に以下の 4 群に分けた。軽麻酔群(LA、0.8〜1% イソフルラン)、深麻酔群(DA、1.5〜1.…
コメント:0

続きを読むread more

股関節全置換術における疼痛管理におけるリポソームブピバカインと従来の麻酔薬浸潤の有効性:系統的レビューとメタ分析

・本レビューでは、股関節全置換術(THA)の術後管理における従来のブピバカイン浸潤に対するリポソームブピバカインの有効性を評価した。 ・PubMed Central、Medline、Scopus、Embase、Google Scholar、Cochrane library、ScienceDirect(創始から 2020 年 8 月…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/24

【問題1】(呼吸生理) 低酸素性肺血管収縮について正しいのはどれか。 ア:炭酸ガス分圧が低いと、反応は減弱される。 イ:左房圧が高いと、反応は減弱される。 ウ:ニトログリセリンは、反応を増強する。 エ:チオペンタールは、反応を減弱する。     ▼     ▼     ▼ [解説] 低酸素症は反応…
コメント:0

続きを読むread more

斜視手術を受けた小児の覚醒せん妄と術後疼痛に対するマグネシウム補給の効果:前向き無作為化比較試験

・術中マグネシウム補給の有用性が報告されている。本前向き無作為化試験では、小児における全身麻酔中のマグネシウム補給が覚醒せん妄および術後疼痛に及ぼす影響を評価した。 ・斜視手術を受けた年齢 2〜5 歳児 66 名をマグネシウム投与群と対照群に割り付けた。術前不安は修正版エール術前不安尺度を用いて評価した。マグネシウム群は麻酔導入後…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下子宮摘出術後の術中全身血管抵抗は術後悪心嘔吐と関連している

・腹腔鏡下子宮摘出術を受けた患者における術後悪心嘔吐(PONV)の発生率は、多くの予防策を講じていても、他の手術と比較して非常に高い。しかし、PONV の病因は多因子性である。性別が女性、乗り物酔いや PONV の既往歴、非喫煙者、周術期オピオイド使用が最も密接に関連する因子である。複数の危険因子のうち、最適ではない消化管(GI)灌流が…
コメント:0

続きを読むread more

腰椎手術後の高齢者におけるガム咀嚼による腸機能回復促進:後ろ向き単施設コホート研究

・腰椎手術後の麻痺性イレウスは、特に高齢者では珍しい合併症ではない。噛むことは一種の疑似食餌摂取であり、腸蠕動を刺激することが報告されているが、これまでのところ、これらの肯定的な結果を脊椎手術を受けた患者にも当てはまる可能性があるかどうかを示す研究はなかった。著者らは、腰椎手術を受けた高齢者において、ガムを噛むことで腸機能の回復が促進さ…
コメント:0

続きを読むread more

下肢手術に際してのくも膜下ブロックにおけるフェンタニルとブピバカインの混合投与と逐次投与の有効性:無作為化対照試験

・くも膜下ブロックは下肢手術で最も一般的に使用されている麻酔手技である。オピオイドは局所麻酔薬(LA)の補助薬として最も一般的に使用されている。補助薬は 1 本の注射器に LA を装填して混合して投与される。本研究は、高比重ブピバカインとフェンタニルを単一シリンジか、または異なるシリンジで投与した場合の感覚・運動ブロックのレベルと低血圧…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者胸腔鏡下手術患者の術後認知能力に及ぼす硬膜外ブロック麻酔と全身麻酔の併用の効果

・本研究は、胸腔鏡下手術を受けた高齢者の術後認知能力に硬膜外ブロック麻酔と全身麻酔を併用した場合の効果を検討することを目的とした。 ・当院で胸腔鏡下手術を受けた高齢者 115 名を被験者として集めた。このうち、硬膜外ブロック麻酔と全身麻酔を併用した 65 例を A 群、全身麻酔を使用した 50 例を B 群とし、両群間のミニ精神状…
コメント:0

続きを読むread more

スフェンタニル・ベースの麻酔導入時の気管挿管に対する循環動態反応に及ぼす静脈内リドカインの効果

・気管挿管(ETI)は心血管反応を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、スフェンタニルを用いた麻酔導入時の ETI に対する血行動態反応に及ぼすリドカイン静脈内投与の効果を検討することであった。 ・年齢 18〜65 歳の患者 90 名を募集し、スフェンタニル、ミダゾラム、シスアトラクリウム、プロポフォールによる麻酔導入を開始し、…
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニル前投与による気管挿管までの時間に及ぼす予防的アトロピンの効果

・標的制御プロポフォールおよびレミフェンタニル麻酔でのレミフェンタニルの前投与は、循環動態効果のために筋弛緩の発現時間を延長し、それによって気管挿管までの時間を延長する可能性がある。レミフェンタニルの交感神経遮断作用は徐脈と低血圧を引き起こすが、これらの反応はアトロピンの投与によって軽減できる可能性がある。そこで、アトロピンの予防的投与…
コメント:0

続きを読むread more

扁桃肥大の小児患者の気道管理に対するラリンジアルマスクと気管チューブの効果の比較

・ラリンジアルマスク(LMA)は、日常的な気道管理と困難気道管理の両方で重要な選択肢となっている。扁桃腺肥大の小児患者における LMA 使用の安全性と有効性を評価することを目的とした。 ・本研究は無作為化比較試験であった。本研究には、1 度または 2 度の扁桃腺肥大を患った 100 人の小児患者が含まれた。待機的腹腔鏡下鼡径ヘルニ…
コメント:1

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/16

【問題1】(麻酔) 麻酔回路について正しいのはどれか? ア:二層式カニスタでは100gの吸着剤あたり平均、20〜36Lの二酸化炭素を吸着する。 イ:閉鎖回路は、新鮮ガスの流入量を酸素消費量と吸入麻酔薬の体内取り込み量に一致させて使用する。 ウ:Mapleson C回路は Ayre-Tピースとして知れている。 エ:半閉鎖回…
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックにおけるノルエピネフリン使用に伴う不整脈の予測因子

・ノルエピネフリン(NE)は、心拍数への影響が本質的に低いこともあり、敗血症性ショックの治療の第一選択として推奨される。NE に続発する不整脈はまだ報告されているが、この副作用の発生に関連する要因は明らかとなっていない。著者らの研究は、敗血症性ショックに際して NE を投与される患者の不整脈に関連する要因を調査しようとした。 ・著…
コメント:0

続きを読むread more

術後痛と回復のための静脈内リドカインの使用:有効性と安全性に関する国際的合意声明

・静脈内リドカインは、術後痛と回復に及ぼす効果のために広く使用されているが、不適切かつ誤って使用すると致命的となる可能性がある。リドカイン静脈内投与のリスクとベネフィットの比は、術式や併存疾患(既存の慢性疼痛を含む)などの患者の要因によって異なる。 ・この合意声明は、3 つの質問に対処することを目的としている。まず第一に、静脈内投…
コメント:1

続きを読むread more

待機的非心臓大手術後の急性心筋梗塞後の罹患率と死亡率

・研究の目的は、周術期急性心筋梗塞(AMI)後の院内死亡と罹患リスクの倹約モデル を開発することであった。 ・全国入院登録簿(2008-2013)、米国内の全非連邦入院患者の 20% サンプルから得た非心臓手術の待機的入院中に周術期 AMI をきたした年齢 45 歳以上の患者を対象とした、後ろ向き的データ分析である。本研究では、混…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/13

【問題1】(肥満) 肥満患者で正しいのはどれか? ア:BMI(body mass index)33は病的肥満である。 イ:麻酔前の胃液量が多い。 ウ:麻酔前の胃液のpHが低い。 エ:チオペンタールの作用時間が延長する。 オ:フェンタニルの作用時間が延長する。     ▼     ▼     ▼ …
コメント:0

続きを読むread more

動脈瘤クリッピング手術におけるケトフォール(ケタミンとプロポフォールの併用)とプロポフォール麻酔の比較:前向き無作…

・循環動態安定性の維持は、動脈瘤手術において極めて重要である。これらの患者に麻酔をかけている間、血圧の変動は経壁圧に直接影響を及ぼし、それによって動脈瘤の破裂および他のさまざまな関連する合併症を引き起こす可能性がある。ケトフォールとプロポフォール単独を、頭蓋内動脈瘤のクリッピング術中の導入および維持麻酔薬として使用した場合の効果を比較す…
コメント:0

続きを読むread more

迅速挿管のための呼気終末酸素モニタリングの救急医の使用

・呼気終末酸素(ETO2)モニタリングは、挿管前の前酸素化の有効性を定量化するために麻酔科医によって使用されるが、一般的に救急科(ED)では使用されない。著者らは、以前に、ETO2 のブラインド使用中に ED での前酸素化診療を明らかにした調査結果を公開した。この調査の目的は、ETO2 モニタリングの非盲式使用が、ED での迅速挿管中の…
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術または人工膝関節全置換術後の術後悪心嘔吐の危険因子:後ろ向き研究

・術後悪心嘔吐(PONV)は、人工股関節/膝関節全置換術(THA/TKA)後のよく見られる合併症であり、患者の満足度と術後の回復に影響を及ぼす。THA/TKA を受ける患者は 20〜83% の頻度で PONV をきたすことが報告されている。本研究では、患者における PONV の発生を調査し、危険因子を分析する。 ・2017 年 1…
コメント:0

続きを読むread more

待機的人工股関節全置換術または膝関節形成術を受ける貧血患者における術前鉄剤投与:系統的レビューとメタ分析

・術前貧血は、術後合併症、輸血、死亡のリスク増加と関連している。このメタ分析は、待機的人工股関節全置換術(THR)または人工膝関節全置換術(TKR)を受ける貧血患者における術前鉄剤投与の臨床的有効性に関する入手可能な最良のエビデンスをレビューすることを目的としている。 ・電子データベースと手検索を使用して、待機的 THR または …
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術のに及ぼす揮発性麻酔と全静脈麻酔(TIVA)の比較:系統的レビューとメタ分析

<ハイライト> ・心臓手術に際しての TIVA と揮発性麻酔の死亡率に差はない ・心臓手術に際しての TIVA と揮発性麻酔で心筋傷害のバイオマーカーに差はない。 ・心臓手術に際しての TIVA と揮発性麻酔で、気管挿管の期間に差はない。 ・TIVA と比較して、揮発性麻酔は、心臓手術後の入院期間と ICU 在室期間が短くなる。…
コメント:0

続きを読むread more

微小血管疾患と非心臓手術の周術期転帰

・非心臓術前の心血管リスク層別化への現代的なアプローチは、大血管アテローム性動脈硬化症と危険因子に焦点を合わせている。著者らは、微小血管疾患(MVD)の有病率とそれに関連する周術期の転帰を調査しようとした。 ・2004 年から 2014 年の間に非心臓手術を受けた年齢 18 歳以上の成人は、全国入院患者登録簿(NIS)を使用して特…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開におけるクモ膜下ブピバカインの補助薬としてのフェンタニルとデキスメデトミジンの比較研究:無作為化二重盲式臨…

・帝王切開では効果的な術後鎮痛が不可欠である。本研究は、フェンタニルまたはデキスメデトミジンをブピバカインとクモ膜下に併用しした後の術後鎮痛と循環動態変化を比較することを目的とした。 ・本研究には、待機的帝王切開の候補者である、ASAーPS I/II で在胎週数が 37 週以上の 110 人の妊婦が対象となった。彼女らは無作為に …
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開分娩前の術前炭水化物負荷:無作為化比較試験

<ハイライト> ・術前の炭水化物飲料は、大手術後の転帰を改善する可能性がある。 ・?待機的帝王切開分娩前の使用を裏付けるエビデンスはほとんどない。 ・炭水化物飲料は、術前の尿中ケトン体を 61% から 18% に減らした。 ・炭水化物飲料の使用は入院期間に影響しなかった。 <抄録> ・待機的帝王切開を受ける女性は、術前に…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/05

【問題1】(吸入麻酔) 正しいのはどれか? ア:イソフルランのMACawakeはMACの約1/3である。 イ:低二酸化炭素血症(PaCO2=20mmHg)はMACを下げる。 ウ:ハロタンのMAC BAR は MACintubationより低い。 エ:ラットに除脳処置を行うと、MACは1/2以下に低下する。 オ:95%の…
コメント:0

続きを読むread more

直接前方アプローチ人工股関節全置換術における全身麻酔と脊柱管麻酔:在院期間と早期疼痛管理への影響

・最近の文献では、初回人工股関節全置換術患者の全身麻酔(GA)の代替として、脊柱管麻酔(NA)にいくつかの利点があることが示唆されている。確立された迅速回復プロトコルを備えた施設で直接前方(DA)アプローチ人工股関節全置換術(THA)を受けた患者の転帰に及ぼす NA vs GA の影響を調べた。 ・単一施設からの 500 人の連続…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術または関節形成術を受ける高齢患者に及ぼす術前肺炎の予後への影響

・研究の目的は、股関節骨折手術または関節形成術を受ける高齢患者で、術前肺炎を伴う場合と、伴わない場合の転帰を報告し、患者の予後に及ぼす肺炎の重症度の影響を評価することであった。 ・この単施設の後向き研究では、2008 年 1 月から 2018 年 9 月に北京大学人民病院で股関節骨折手術または関節形成術を受けた高齢患者(年齢 60…
コメント:0

続きを読むread more

2005 年から 2014 年の米国における周術期アナフィラキシーの発生率と危険因子

・周術期アナフィラキシー(PA)の推定世界発生率は、手技 1,250 件の 1 件から 20,000 件に 1件の間である。本研究の目的は、大規模全国データベースを使用して、米国における PA の発生率を調査し、患者の特徴と潜在的な危険因子を比較するである。 ・2005 年から 2014 年までの全国入院患者登録簿から得た匿名化デ…
コメント:0

続きを読むread more

待機的手術の前のルーチン検査の重要性

・待機的手術の前に、全患者に対して特定のルーチンの術前検査が実施される。本研究は、定時手術を受ける ASA-PS I/II の成人における定期的な術前検査の価値と、不当な検査にかかる費用とともに麻酔の実施におけるそれらの影響を評価するために実施した。 ・麻酔下で待機的手術予定に挙げられた合計 1271 人の患者が募集された。各患者…
コメント:0

続きを読むread more