2005 年から 2014 年の米国における周術期アナフィラキシーの発生率と危険因子

・周術期アナフィラキシー(PA)の推定世界発生率は、手技 1,250 件の 1 件から 20,000 件に 1件の間である。本研究の目的は、大規模全国データベースを使用して、米国における PA の発生率を調査し、患者の特徴と潜在的な危険因子を比較するである。 ・2005 年から 2014 年までの全国入院患者登録簿から得た匿名化デ…
コメント:0

続きを読むread more