微小血管疾患と非心臓手術の周術期転帰

・非心臓術前の心血管リスク層別化への現代的なアプローチは、大血管アテローム性動脈硬化症と危険因子に焦点を合わせている。著者らは、微小血管疾患(MVD)の有病率とそれに関連する周術期の転帰を調査しようとした。 ・2004 年から 2014 年の間に非心臓手術を受けた年齢 18 歳以上の成人は、全国入院患者登録簿(NIS)を使用して特…
コメント:0

続きを読むread more