迅速挿管のための呼気終末酸素モニタリングの救急医の使用

・呼気終末酸素(ETO2)モニタリングは、挿管前の前酸素化の有効性を定量化するために麻酔科医によって使用されるが、一般的に救急科(ED)では使用されない。著者らは、以前に、ETO2 のブラインド使用中に ED での前酸素化診療を明らかにした調査結果を公開した。この調査の目的は、ETO2 モニタリングの非盲式使用が、ED での迅速挿管中の…
コメント:0

続きを読むread more