レミフェンタニル前投与による気管挿管までの時間に及ぼす予防的アトロピンの効果

・標的制御プロポフォールおよびレミフェンタニル麻酔でのレミフェンタニルの前投与は、循環動態効果のために筋弛緩の発現時間を延長し、それによって気管挿管までの時間を延長する可能性がある。レミフェンタニルの交感神経遮断作用は徐脈と低血圧を引き起こすが、これらの反応はアトロピンの投与によって軽減できる可能性がある。そこで、アトロピンの予防的投与…
コメント:0

続きを読むread more