下肢手術に際してのくも膜下ブロックにおけるフェンタニルとブピバカインの混合投与と逐次投与の有効性:無作為化対照試験

・くも膜下ブロックは下肢手術で最も一般的に使用されている麻酔手技である。オピオイドは局所麻酔薬(LA)の補助薬として最も一般的に使用されている。補助薬は 1 本の注射器に LA を装填して混合して投与される。本研究は、高比重ブピバカインとフェンタニルを単一シリンジか、または異なるシリンジで投与した場合の感覚・運動ブロックのレベルと低血圧…
コメント:0

続きを読むread more