腹腔鏡下子宮摘出術後の術中全身血管抵抗は術後悪心嘔吐と関連している

・腹腔鏡下子宮摘出術を受けた患者における術後悪心嘔吐(PONV)の発生率は、多くの予防策を講じていても、他の手術と比較して非常に高い。しかし、PONV の病因は多因子性である。性別が女性、乗り物酔いや PONV の既往歴、非喫煙者、周術期オピオイド使用が最も密接に関連する因子である。複数の危険因子のうち、最適ではない消化管(GI)灌流が…
コメント:0

続きを読むread more