腹臥位での i-gel による盲目的挿管: 前向きコホート研究

・腹臥位での偶発的な抜管は、迅速かつ低リソースでの気道管理が必要とされる医療上の緊急事態である。酸素化を回復することが第一の目的であるが、酸素化を取り戻すために挿管が必要な場合もある。i-gel(Intersurgical Ltd, Wokingham, Berkshire, UK)を用いた盲目的挿管は、迅速かつ低リソースの方法である。…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/27

【問題1】(心疾患患者への注意) 細菌性心内膜炎予防のための抗生物質投与が必要な場合はどれか。 ア:大動脈弁狭窄症 イ:僧帽弁置換後 ウ:Fallot四徴症根治手術後 エ:逆流を伴わない僧帽弁逸脱症     ▼     ▼     ▼ [解説] 心臓弁膜症や人工弁置換術後、人工血管グラフト置換後に…
コメント:0

続きを読むread more