オフポンプ冠動脈バイパス手術における周術期の最低ヘモグロビン濃度と転帰-後ろ向きレビュー

・最近のエビデンスでは、人工心肺を用いた心臓手術において、ヘモグロビン(Hb)値を約 7〜8g/dL に制限した輸血戦略の使用が提唱されている。しかし、人工心肺の補助なしで心臓脱転や温区域虚血再灌流損傷を伴うオフポンプ冠動脈バイパス(OPCAB)において、同じ閾値を適用できるかどうかは不明である。本研究の目的は、周術期最低 Hb 値と …
コメント:0

続きを読むread more