待機的帝王切開分娩を受けた女性における脊椎麻酔前の局所麻酔薬浸潤痛と急性・慢性の術後疼痛との関係を検討するための前…

・帝王切開分娩は世界的に最も一般的に行われている手技の一つである。本前向きコホート研究では、脊椎麻酔前の局所麻酔薬浸潤(LAI)疼痛と帝王切開分娩後 24 時間以内の疼痛およびモルヒネ消費量との関連性(主要評価項目)を評価した。副次評価項目は、LAI 疼痛と術後 1 ヶ月の疼痛との関連を評価することであった。 ・帝王切開分娩を予定…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/11/30

【問題1】(代謝) 周術期の肝障害について正しいものはどれか? ア:血中トランスアミナーゼ値の高さは必ずしも壊死肝細胞の数とは相関しない。 イ:急性尿細管壊死は、尿比重=1010〜1015となる。 ウ:肝腎症候群と急性尿細管壊死とは発症パターンや検査所見からは鑑別が困難である。 エ:肝硬変患者では、血管収縮により循環血漿…
コメント:0

続きを読むread more