高齢者の術後せん妄に対する BIS ガイド麻酔の効果 -系統的レビューとメタ分析

せん妄2.png・術後せん妄(POD)は、外科手術や麻酔を受けた患者に影響を及ぼすせん妄の一形態であり、通常、手術後 1〜3 日間に頻度が最高となる。このメタ分析の目的は、麻酔深度のモニタリングが POD の発生率に影響するかどうかを判断することであった。

手術を受けた高齢患者(年齢 60 歳以上)の POD を報告している研究について系統的な文献検索を行った。このメタ分析はランダム効果モデルを用いて実施した。

対照群と比較して、術中 BIS モニタリングは POD を減少させた(オッズ比(OR):1.32、95% 信頼区間(CI):1.11〜1.57、P=0.001、I2=51%)。混合手術群では、対照群と比較して BIS モニタリングが POD の発生率を低下させた(OR:1.24、95% 信頼区間(CI):1.07〜1.44、P=0.004、I2=61%)。また、心臓手術、結腸手術、整形外科手術を受けた患者では、POD の発生率に有意差はなかった。

手術中の BIS モニタリングは高齢患者における POD の発生率を低下させる可能性がある。BIS モニタリングが単一の術式で POD の発生率を減少させるかどうかは、さらなる研究が必要である。

術後せん妄の発生は、多分に術中麻酔深度が深すぎることが一因しているのだろうな。

【出典】
The Effects of BIS-guided Anesthesia on Postoperative Delirium in Elderly Patients: -A Systematic Review and Meta-Analysis
World Neurosurg. 2020 Dec 8;S1878-8750(20)32495-5. doi: 10.1016/j.wneu.2020.11.110. Online ahead of print.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント