くも膜下ブロックの特性に及ぼすデキスメデトミジンの静脈内投与量差による効果:系統的レビューとメタ分析

・デキスメデトミジンは鎮静・鎮痛剤であり、近年、全身麻酔と区域麻酔の補助薬としての使用が増加している。今回の系統的レビューとメタ分析では、デキスメデトミジンの静脈内投与を伴うくも膜下ブロックの特徴の変化を検討した。著者らの目的は、デキスメデトミジンの静脈内投与量の差が、単回脊椎麻酔の知覚遮断と運動遮断の持続時間に及ぼす影響と、関連する副…
コメント:0

続きを読むread more