急性および亜急性の帝王切開後の痛みの発症に関連する危険因子:前向きコホート研究

・帝王切開分娩は最も一般的に行われる術式の 1 つであるが、帝王切開後の痛みに関する確たるデータはまだ不足している。最近の研究では、脊髄くも膜下麻酔に際しての局所麻酔薬(LA)注射時の痛み、または「3 つの簡単な質問」の使用と、帝王切開後急性痛との関連が示された。それにもかかわらず、これらの評価は、比較的使いやすいにもかかわらず、さらな…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/01/05

【問題1】(麻酔合併症) 反回神経麻痺に関して正しいのはどれか。 ア:左側より右側の方が、発生頻度が高い。 イ:甲状腺切除または摘出術後に起こることがある。 ウ:片側の麻痺では、軽度の嗄声が起こるが、やがて消失する。 エ:両側の不完全麻痺では、大呼吸をしない限り、呼吸困難は生じない。 オ:両側の完全麻痺では安静時でも呼…
コメント:0

続きを読むread more