声門上気道器具を使用した全身麻酔と監視下麻酔管理で実施された経大腿経カテーテル大動脈弁置換術の転帰

・研究の目的は、大動脈弁狭窄症患者の経大腿経カテーテル大動脈弁置換術(TF-TAVR)について、声門上気道器具を用いた全身麻酔と監視下麻酔管理を比較することであった。著者らは、声門上気道群は、監視下麻酔管理群と比較して、在室時間と手技時間、麻酔回復室(PACU)と在院期間、術中/術後合併症の発生率が同様であると仮定した。 ・三次医…
コメント:0

続きを読むread more