超音波ガイド下の腋窩腕神経叢ブロックに際しての 0.75% ロピバカインの最小有効量

・超音波ガイド下末梢神経ブロックは、神経を直接可視化し、局所麻酔薬の投与量を減らすことで、古典的なランドマークガイド手技に関連する合併症を軽減できる可能性がある。本研究は、超音波ガイド下腋窩腕神経叢ブロックに際しての 0.75% ロピバカインの最小有効量(MEAV)を調査することを目的としている。 ・年齢 18〜75 歳、ASAー…
コメント:0

続きを読むread more