鼻中隔形成術を受ける患者の気道保護に関するラリンジアルマスク Supremeと気管チューブ使用の比較:無作為化単盲…

・鼻の手術におけるラリンジアルマスク(LMA)の使用については、気道への血液垂れ込みの発生が懸念されことから、麻酔科医の間では疑問視されている。著者らは、鼻手術における LMA-Supreme(LMA-S)の使用は、気管支鏡による気道への血液垂れ込み、口咽頭リーク圧(OLP)、心拍数(HR)、平均動脈圧(MAP)、術後有害事象などの気道…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/01/12

【問題1】(心臓手術の麻酔) 心肺バイパスからの離脱について正しい記述はどれか。 ア:体血管抵抗が700dyne・sec/cm^2 であった。ノルエピネフリンのよい適応になる。 イ:心係数が2.0l/min/m^2、肺毛細管楔入圧が20mmHgであった。大動脈内バルーンパンピングのよい適応になる。 ウ:肺毛細管楔入圧が4m…
コメント:0

続きを読むread more