腹腔鏡下腹部手術を受けた高齢者の術後認知能に及ぼす静脈麻酔と揮発性麻酔薬の効果

・術後の神経認知機能の回復の遅れは予後不良と関連している。ほとんどの手術には全身麻酔が必要であるが、その中でもセボフルランとプロポフォールが最も一般的に使用されている吸入麻酔薬と静脈麻酔薬である。著者らは、プロポフォールベースの麻酔下で腹腔鏡下腹部手術を受けた患者は、セボフルランベースの麻酔下の患者よりも神経認知機能の回復遅延の発生率が…
コメント:0

続きを読むread more